インデックス投資全般

インデックスファンドの乗り換えを実施する「目安」は?

2020年9月6日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

よりコストが安いインデックスファンドが存在するなら、
「そのファンド」に積み立て先を換えようかという気持ちはよーく分かります。

実際、上記を実践している方も多いと思います。

しかしこれは厳密な意味での
ファンドの『乗り換え』ではありません。


当クリニックが考える『投資信託の乗り換え』とは?

資産ベースで「既存のファンド」を売却し、
資産ベースで「新たなファンド」を購入し、
かつ、毎月ベースでも「新たなファンド」を積み立てていく行為を指します。


では、「インデックスファンドの乗り換え」をするか否かに、
何か【目安】のようなものはあるのでしょうか?

あると思います。)

 




ここでは『先進国株式インデックス・ファンド』を
例に挙げてみましょう。

(※ 以下、運用管理費用以外の
「その他コスト」は双方かからないと仮定します)

Aファンド 運用管理費用 0.6%
Bファンド 運用管理費用 0.1% としましょう。


あなたはこれまでずっと「Aファンド」を積み立ててきました。

このたび
よりコストが安いBファンドに、
積み立て先だけでなく、

これまで「積み上げてきた」ストック部分も、
乗り換えてしまうかどうか悩んでいます。


Aファンド(運用管理費用 0.6%)で運用を続けてきて、
すでに運用資産額が1,000万円まで膨らんでいるとしましょう。

年間で支払う運用管理費用は?
およそ『6万円』です。

(※ 簡易計算しています。
実際はファンド価格はアップダウンするため
年間で支払う運用管理費用はブレてきます)


仮にBファンド(運用管理費用 0.1%)で
1,000万円ベースの運用を続けているとすると?

年間で支払う運用管理費用は
およそ『1万円』で済みます。
(※ こちらも簡易計算。)


『1,000万円』の運用資産額で見た場合、

Aファンド、Bファンド
両者の「けいぞくコストの違い」は、
年間およそ『5万円』になります。

仮にこれから先10年間、
このコストの違いが続くと・・計『50万円』の違いに。

20年続けば? 『100万円』ですね。


こうなると、
1,000万円まで積み上がったAファンドをすべて売って、
Bファンドにすべて乗り換えたほうがよいのでは?
という気持ちが募ってきます。

でもその前に、深呼吸。




もうひとつ重要な点がありまして、
それは「Aファンド」にいくら『利益』が乗っているかのチェックです。

以下、一例・・。)

Aファンドの運用資産額1,000万円のうち、
650万円が元本で
350万円が【利益】だとすると、

Aファンドを今すべて売ると、
350万円に対して 20.315%が課税されます。

税金額は・・? 約71.1万円。)


仮にAファンドからBファンドにすべて乗り換え、
向こう20年は(Bファンドで)運用を続けるなら、

今の例で言いますと、

〇 「支払う税金額」(マイナス約71.1万円)よりも、

〇 向こう20年間の
「けいぞくコスト差」(プラス約100万円)のほうが大きくなります。


したがって、この場合は、
「Aファンド」から「Bファンド」に乗り換えたほうがよいでしょう。

※ ご注意。
ここでは運用資産額1,000万円というストックベースにのみ注目しています。


さらに、乗り換えの具体的なやり方ですが、

AファンドからBファンドに乗り換えを行っても、

「同じ投資対象」であれば、
「同じリスク量」を負うことに変わりはありませんから、
エイヤーと「一度」に、売って→買ってを行って構わないです。


乗り換えるべきか否かの「目安」は以下の通りです。

1.よりコストが安いインデックスファンドに乗り換えたとして、
これから先「何年くらい」運用を続けるのか?

2.今の運用資産額(ストックベース)で
より低コストのファンドに乗り換えた場合の
「けいぞくコストの違い」を算出(※ 運用可能年数分。)

3.すでに積み上がったインデックスファンドの、
現時点での利益と一括売却した場合の「税金額」を算出

4. 3.より2.のほうが数字が大きければ「乗り換え」をお勧めします。


最後に総じてまだ若い人は、
保有するファンドの「利益」もさほど大きくなく、
これから先の「運用期間」も長いため、
(もしお悩みであれば)乗り換えをするという方向性で問題ないと思います。

 

お知らせ)

当クリニックは『完全オンライン診療』
English counseling is also available.

コロナショックによる株式市場の低迷は、数年は続くと予想されます。

しかし、投資時期を分散させ、規則的に資金を投入していけば、
市場の下落をチカラに換えることが可能です。
それが『つみたて投資』です。

当クリニックは個別カウンセリングを通じて、
マーケットの混迷を千載一遇の『チャンス』に変える処方箋を提供しています。


カテゴリ:インデックス投資全般

おすすめの記事