100年ライフプラン

あなたが資産運用すると、それを子どもに伝えられます、言葉と行動双方で。

2020年8月30日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

親子の間でも、もちろん「お金の話」はします。

親御さんがあなたのことを心配して
「ちゃんと食べてるのか?」と聞いてくれるのは、
『お金は足りているか?大丈夫か?』という意味ですし、

『ムダ遣いしないでちゃんと貯金しなさいよ』という言葉も、
子どもを思う親心です。

しかしなぜだか、
こんなふうにお金を増やしていきなさいよ。
みたいなアドバイスはあまり聞かれません。


その理由は簡単で、
親御さんのほうは
「資産運用」に取り組んだ経験がないためです。

先日「まくはりFPオフィス」の
岩川昌樹さんのコラム記事を読んでハッとさせられました。
資産運用の知識は子供に伝えられる財産

上記記事内に、次のような文言があります。

「資産運用を知って、実際に始めて一番良かったことは、
それを子供に伝えることができるようになったこと」
先日、お客様からいただいた言葉です。


どうでしょう?
素敵な言葉だと思いませんか?

 



日本では未だ
投資をしたことがない人のほうが、
(している人より)圧倒的に多いのが現状です。

ということは、
これから資産運用を知るお父さん、お母さんがたくさんおられるということ。


相談業務を行う中でしばしば気付かされるのは、
ご本人の『運用相談』ではあるが、
どこかでお子さんのことも気に掛けている相談者さまの『姿』です。

カウンセリングの余りの時間、
最後の時間のほうでよく展開されるのですが、

「カンさん、娘もやっぱり投資をしたほうがいいでしょうか。」

 

「息子なんですが、今から運用のことを説き聞かせるって早すぎますか?」


というような気持ちを吐露されます。


子どもであっても、親であっても、
同じくらい大切な『事項』、それがお金
なのです。

これまではご両親から
お金を得ること(=働く)、
支出を管理することについてはアドバイスが出来ました。

それは親御さんも『経験』してきたことだからです。

 

 

 

 

そう、キーワードは『経験』。


これから資産運用を実践するお父さん、お母さんが増えてくると、
その『後ろ姿』を見る子どもさんが増えます。

姿だけではありません。
実際、小さいときから
リターンの数字や、リスクの大きさや、

株式やファンドや、経済のニュースや
運用報告書や税制優遇の投資口座について
耳から入ってくる情報が存在する子供になるわけです。

 

父親から、「サトシ、投資って思ってるほど難しいものじゃないぞ。」
という24文字を聞けることが、

(なんというか)財産なのです。



結局のところ
資産運用に取り組めるか否かは

かしこまった決断の世界でも、
本人の性格でもなく、単に『環境』『習慣』だったりします。

また、実際に伝えるだけでなく、
あなたが親御さんとしてしてあげられることもあります。

ゼロ歳児から、
未成年口座(特定口座)を開いてつみたて投資は出来ますし、

2022年4月から成人年齢が18歳になりますので、
つみたてNISAもより若い年齢で口座が開けることになります。



口座の種類や金額ベースは違っても、
「親と子が同じ投資信託を保有しています!」という事実は、
決して突飛なことではありません。

それは親子ともマックでビックマックを食べたことがあるよ、
という事実と同じくらい、フツーの『共通体験』になり得るのです。


カテゴリ:100年ライフプラン

おすすめの記事