お金の摩訶不思議

お金の寿命は365日・・

2020年8月6日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

人間の最終ゴールは「死」です。
ここをもって人は活動を停止します。

あなたがやりたいことも
日々悩んでいることも
充実も倦怠も、「死」をもって終了するわけです。

とても崇高で分かりやすい事実です。
しかし、ひとつ厄介なことがあります。

それは、ゴール(死)がいつやってくるか分からない点です。 


ヘンな言い方ですが
人生時間の長さが分からないので、
人生のピークがどのあたりなのかも(事前には)分かりません。

「お金」のこともそうです。

生涯で入ってくるお金、
そしてその量も(もちろん)心配ですが、

それ以上に、ゴールが予想以上に遠のき、
出ていくお金が膨らむばかりで足りなくなるのでは・・と
人は不安になるのです。

まさに現代版「お金の悩み」ですね。

(事実、先進国で今年生まれた赤ちゃんは
人類史上もっとも長く生きることが期待できるヒトなのです。)


さて、
「入ってくるお金」<「出ていくお金」の状況を克服するために、

今後は、
〇 60代後半~70代前半も働こうという人が増えるでしょう。

〇 若い頃から倹約に励む人も増えると思われます。
〇 少しでも入るお金を増やすため、資産運用に取り組む人も出てくるでしょう。

お金を適切にマジメントする工夫が求められるのです。

 

 

 

しかし、ここでもうひとつ別の問題が・・。

若い人にとっては「70代や80代」は霧の中にあるため、
人生時間という尺を実感するのはなかなかに難しいもの。

そのため、不安や心配をエネルギー源に、
ついつい「入ってくるお金」に注力し過ぎるのです。

つまり、
節約に励み過ぎ、お金の運用を頑張り過ぎ、

出ていくお金(=使うお金)にはあまり興味が湧かなくて、
66歳になっても「これをやった!」という充実感がイマイチ掴み切れず、

「入ってくるお金」が「出ていくお金」よりずっと大きくなっている。
そういうことが起こり得るのです・・。

 



何が難しいか・・。

それは生涯を通じた
「入ってくるお金」と「出ていくお金」のバランス調整作業なのです。


ここでわたしからの提案ですが、

一生を365日で捉えてみませんか。


人の生涯を(少し短めで)90年と取ってみましょう。
(1年の長さは「4日程度」になります)

 

たとえば満18歳は?
人生の73日目、3月14日です。


満30歳は・・4月2日。

わたしは今年52歳ですが、
1年(365日)でイメージすると7月30日です。

(そう、あと5ヵ月の命!)

 

ところで、あなたは今、何月何日ですか?


(自分の年齢に「4.05」を掛けて、ぜひ計算してみてください)

もし、6月30日以前にいるなら、
「入ってくるお金」により注力すべきでしょう。

しかし、7月1日以降にいるあなたは、
そろそろ「出ていくお金」にもバランスを傾注し始めるべきでしょう。

なぜなら、あなたのお金は基本、
あなたの生きている間のみで有効であるため。

仮に、
あなたが10月10日(70歳)にいれば、
あなたのお金も 10月10日(70歳)に居るということです。


平凡な事実ですが、
「お金」にも有効期限があるわけです。

以下、著名ブロガーたぱぞうさんの、
こちらのブログ記事での名言です。

 

~お金は、結局幸せ引換券です。
しかも、死後は持っていけない有効期限付きのものですね。~

 


カテゴリ:お金の摩訶不思議

おすすめの記事