バランスファンド

バランスファンドは団体扱いで随時『リ・バランス』をしてくれます

2020年8月5日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

いくつかファンドを組み合わせて
自分で資産管理をしている人は多いと思います。

一般的に
運用資産が1000万円を超えてくると、

〇 割合が増えたファンドを売って、
〇 割合が減ったファンドを買い増すという「リ・バランス」が必要になります。

??


一例・・)

あなたの『ポートフォリオ』が
株式60%、債券40%だったとしましょう。

今年3月のような暴落が襲ってきて、
株式48%、債券52%」というふうに
資産のバランスがズレてしまいました。

(運用資産はこの時点で1000万円とします。)

さて、ここで
いわゆる『ノーセル・リバランス』を目指します。
※ 売らないリバランスですね。

 

あなたは手元の預貯金から
株式を12%分買い増すため、
「120万円」を取り崩して株式ファンドの買い増しに充てます。


(もちろん)あなたは120万円は持っています。

しかし、
もし来年も株式ファンドが下がるような相場だったら、

「ノーセル・リバランス」では
さらに手元の預貯金が減ってしまうことに・・。

(これだと、トータル資産に占める
「安全資産の割合」がどんどん減っていくことになります)

 

運用資産がある程度大きくなれば、
「税金」というコストをかけても、
売る ⇒ 買うの「リ・バランス」を実践することが必要なのです。

<トータルの安全・リスク資産の適度なバランスを守るために>

 


では、です。

バランスファンド、
特に「資産配分固定型の」バランスファンドで資産管理を行う人はどうなのでしょう?

先ほどの例【自分、リ・バランス派】は、

あなたひとりが、
プライベートで、
あなたの運用資産を元に戻します。


ところが、
楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)や、
eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)のようなバランスファンドでは、

 

・ファンド保有者全員について
・団体扱いで、
・公に、
・随時リ・バランスを行っています。

 


また、仮にそのバランスファンドが
恒常的に「純資金流入」を維持できていれば、
基本「ノーセル」で、リ・バランスが行えます。

ヘンなたとえで恐縮ですが、
あなた個人が「リ・バランス」をするのは、
大戸屋でひとり夕食を食べること。

ところがバランスファンドの「リ・バランス」は、
温泉旅館の大広間で、
団体客がみな一斉に、夕食を食べるようなものなのです!

 

何千、何万人という人のリ・バランスを、一挙にしてくれるわけです。


さらに、
マザーファンド方式のバランスファンドなら、

買い増しの実際は、個々の株式、債券ではなく、
マザーファンド(有価証券)を追加購入することですから、
コストも少なくて済みます。

あるいは、ファンド・オブ・ファンズ形式の
楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)でも、

リ・バランスの実態は、
バンガードの世界株式ETFや、
世界債券インデックスファンドの追加購入となります。


【閑話休題】

話はちょっと変わりますが、
「リバランスのやり方」には2種類あるのをご存じですか?

〇 『定期的にする』
〇 一定割合以上ずれたら『随時する』


ひとりでファンドを組み合わせ、
プライベートにリ・バランスを行う場合も、

ほんとうは一定割合以上ズレたら『随時』リ・バランスをする、
をしたい人も多いのでは?

ところが、これを個人でするとなると、
マーケットの短期的な動きを
ウォッチする必要がありますし、

『随時』売って→買ってのリ・バランスになると、
時間もコストもばかになりません。
(それに正直面倒くさいですし。)

 



また、
一定割合以上ずれたら『随時』リ・バランスをする方法では、
1年の中でいったい何回「リ・バランス」をすることになるのか、事前には分かりません。

でも、です。

 

「バランスファンド」を利用すれば、
『随時行うリ・バランス』を、
あなたの代わりに運用会社が、文字通り「随時」やってくれるわけです。

 

バランスファンド最大の効用は、
リ・バランスの自動化なのです。

あなたがたとえ『三年寝太郎』でも、
ずっと同じ【リスク量】を背中に負い続けられます。

このメリットって意外に大きいのではないでしょうか。


懸案だった運用管理費用も、

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)→ 年率0.154%
楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)
→ 年0.247%(税込)程度と、

驚くほど低くなっていますから、
低コストで運用のメンテナンスを任せられます。


もちろん、バランスファンドにも、

・100%自分が納得いく「資産配分」はない
・自分の年代に応じた「資産配分の変更」は出来ないなど

 

デメリットはあります。

大切なことは

A 自分でファンドを組み合わせ
(プライベートでリ・バランス)

B バランスファンドで保有
(団体扱いでリ・バランス)

ABどちらも選べる時代になったということなのです。


カテゴリ:バランスファンド

おすすめの記事