インデックス投資全般

国別株式インデックス → 外国株式インデックス → 全世界株式インデックス!

2020年7月27日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

インデックス投資の原型は?
それぞれの国の「国別株式インデックス」です。

1976年、バンガード社は
Vanguard 500 Index Fund」の運用を開始しますが、

アメリカ人が
アメリカ株式の平均点(S&P500)に投資をするのは
比較的分かりやすい概念であったはずです。

(もちろん遅れて、
カナダでもイギリスでも日本でも
ノルウェーでもシンガポールでも、
国別株式インデックスファンド」は盛んになっていきます)


しかし、です。

実は「国別株式インデックス」は
インデックス投資の概念の、ほんの一部しか体現していません。


少しだけ、アメリカ人にとっての
『アメリカ以外の先進国の国々?』を想像してみてください。


(こんな言い方をすると)
アメリカ人に叱られるかもしれませんが、

「俺たちが中心だよね」という意識が
(米国人には)どこかあるため、

・自分がよく知らない、
・馴染みも薄い、
・他の国々の広い範囲の株式 に投資を行うのは、

けっこう高いハードル(壁)があったと推察します。

 

 


そう、
インデックス投資にとってひとつ目の壁は
外国株式インデックス」だったのです。

この壁を
バンガード社はおそらく、

「いや、よく知らない広範な対象こそ
インデックス投資に向いているのですよ」と、
投資家を啓蒙していったのだと思われます。


1990年、バンガード社は
Vanguard European Stock Index Fund」の運用を始めます。




画像元:バンガード社


「アメリカ株」以外に興味がない米国人に、
ヨーロッパ株式に投資を行うインデックスファンドを1990年にローンチする勇気を、私たちは想像してみるべきでしょう。


(米国株式インデックスファンド誕生から14年経っていました。)


が、しかし。
この「外国株式インデックス」というカテゴリーも

後から振り返れば、
比較的理解されやすい「投資対象」でした。

なぜなら、

1.自国(アメリカの株式)がまずあって、
そして、
2.それ以外の「先進諸国の株式」をパッケージ化したものだから。



ふたつ目のハードル(壁)は?
全世界株式インデックス」です。

(こんな言い方をすると)
アメリカ人に叱られるかもしれませんが、

「俺たちが中心だよね」という意識が米国人にある中、

「アメリカ株で十分なのに、アメリカ株式を含めた、
全世界の株式をどうして(わざわざ)網羅しないといけないの?」

という違和感を多くのアメリカ人が持っていたはずなのです。


 

バンガード社はおそらく、
アメリカ株式(自国の株式)を『相対化』させるために、

あえて「全世界株式」という投資概念を示し、
アメリカ人の投資家により「高みの視野」を獲得させるべく、

インデックスファンドをローンチさせたのでは。

この勇気、見識も(まさに)見上げたものだとわたしは思います。


2008年6月にバンガード社は
Vanguard Total World Stock Index Fund」の運用を開始しました。

どの国の人にとっても、
『全世界株式』というカテゴリーはまったく新しく
かつ進歩的なものでしたが、

同時に、どの国の人にとっても
同じ距離感で、公正(フェア)を感じられる投資対象となりました。

 

実はまだ「全世界株式インデックス」という投資対象が生まれて
12年しか経っていないのです。

(補足)

バンガード社の「トータル・ワールド・ストックETF(VT)」は、
上記Vanguard Total World Stock Index Fundのシェアクラスとして
同年2008年に運用をスタートさせています。


カテゴリ:インデックス投資全般

おすすめの記事