100年ライフプラン

お金のインプットとアウトプットの関係

2020年7月24日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

忙しい世の中ですから、
逐一さまざまな情報を仕入れることは重要です。

すなわち『インプット』。

しかし、その情報をどう解釈し、
自分の生活(もしくは仕事)にどう生かすかはあなたの器量にかかっています。

これが『アウトプット』。

インプットとは「吸収」であり、
アウトプットこそが「産み」なのです。



もちろん、インプットそのものにも
面白みや楽しさは認められますが、

究極的にいえば、
インプットは『アウトプット』のために存在すると言えませんか?

ちょっと概念的かもしれませんが、
お金にも「インプット」と「アウトプット」があります。

 

すなわち、
お金を貯め、増やす行為は『インプット』。
お金を使う行為が『アウトプット』です。

『インプット』 ⇒ 『アウトプット』


人がお金を貯め、増やすのは
最終的にそれを「使う」ためです。

そうですよね?)

 




お金を貯めるとは、
いわゆる Save であり、
どんな人でもそのやり方、方法は似たり寄ったりになります。

つまりその行為は普遍的であるわけです。

いっぽうお金を使う行為は?
インフラ部分を除けば、
人によってその様相、中身がずいぶん違ってきます。

すなわちその行為に『個性』がにじみ出るわけです。


わたしはたまたまFP(ファイナンシャルプランナー)という仕事をしていますが、

お金の『インプット』に終始して、
「生み出す行為」であるアウトプット、
すなわちお金の使い方に無頓着な人が多いと感じています。



ほんとうは舞台の主役は?
「アウトプット」(お金を使う)ですね。

でもなぜかそちらにはスポットライトが当たらず、
どう貯めるか、どう増やすかのほうが注目を浴びるのです。


今日の社会ではどうしても、
「アウトプット」を数量的に見て、
「長生きで・使うお金の量が・多くなるよ」

「じゃあ今から貯める、増やすの量を増やしておかなきゃ」と、
考えてしまいがちです。


もちろん、増やすというインプットは
貯めるに比べると、そのやり方、方法は多様であり、
その人の個性が現出しやすいのは事実です。

それでも、インプットなのですよね、投資って。)

 


ほんとうに大切なこと、
それは量としてアウトプット(お金を使う)を見るのではなく、
「何にお金を使っていきたいのか?」という質の探求でしょう。

ここが腑に落ちると、
単に量としてお金を貯める、増やすことの虚しさも分かってくるはず。

わたしは四国に移住して以来、
「量」のみでインプット、アウトプットを量るのはちょっとおかしいのでは?と感じ始めました。
(大切なのは質の追求です。)

 

皆さま、くれぐれも、
インプット『吸収』に夢中で、
アウトプット『生み出す』ほうは道半ばだった・・ということにならないようお気を付けください!


異論を覚悟であえて申し上げると、

お金を貯める・増やすという「前半戦」と、
いかに有意義にお金を使うかという「後半戦」を合わせて
『資産運用』であると、わたしは思うのです。


カテゴリ:100年ライフプラン

おすすめの記事