業務連絡

開業20周年に寄せて(初心貫徹は変わりません!)

2020年7月15日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

おかげさまで本日(7月15日)
当クリニックは開業満20年を迎えることができました。

月並みですが、
多くのお客様の支えがあったからこそ、
本日この日を迎えることができます。

この20年でご縁をいただいた
一人ひとりのお客様に感謝申し上げます。
(本当にありがとうございます!)






ゼロから何かを始めるときに、
20年先を想うのは
まさに雲をつかむような話なのかもしれません。

しかし、小さな道を作って、それを踏み固め、
また少し少し足を進めていけば、
20年という月日は必ずやってきます。

(なにやら「長期投資」と似ていますね(^^;


今、振り返ってみますと、
わたしの20年の歩みは
開業前に言われた友人の言葉への「反抗」であったと思います。

2000年の4月、
神戸の白木屋で
わたしは彼にこう言われたのです。





「ファイナンシャルプランナーやるって、
金融商品を売らないで商売になるわけがない。」

 


わたしはこの言葉を反芻し
この言葉を覆すために、
今もこの仕事を続けているようなものです。

そういう意味で、今でも友人には感謝しているのです(^^)


過去、6回ホームページを変え、
神戸から東京、そして徳島へと移り、
屋号も数回換えて、

その間セミナーを400回以上開催し、2000件近いカウンセリングをこなしてきました。

嬉しかったこと、かけがえのない経験、つらく苦しいこと、忸怩たる思いも、幾たびかありましたが、
変わらぬことが『ひとつ』だけあります。

それは、
金融商品の販売・斡旋にはタッチしないこと。

わたしは純粋な相談業(カウンセリング業務)にこだわり続けています。



「なぜ」そこに拘ってきたのか。
その理由はシンプルであります。

資産運用の「商品購入先」と
資産運用の「相談先」を分けたほうが、
資産形成において偏りのない、賢明な判断がしやすいという確信があったためです。


つまりは、お客様の利益になると・・。


でも、です。

資産運用の購入先と
資産運用の相談先を「分ける」と、
上のように書くのは簡単ですが、

お客様自身がこれを得(とく)と思えるかどうかは別の問題です。

この理屈が腑に落ちるには、
自身のお金や生活について深く思慮できる「度量」が必要でしょう。


つまり、
当クリニックのような『お金の相談業』が存在できているのは、

この20年で日本の消費者のお金に対する『考え方』が、
いかに成熟してきたかという事実の裏返しでもあります。



今後もお客様のお一人おひとりから、
サービスの対価としてフィー(料金)を頂戴することができるか?

これが当クリニックの存続のカギです。

それは投資信託クリニックが、
相談者さまに「付加価値」を提供し続けられるか?という問いに他なりません。

長く同じ仕事を続けていると、
どうしても「初々しい緊張感」に欠ける場面が出てきます。

明日、お会いするお客様は、
わたしにとっては2000名近い相談者さまの「おひとり」ですが、

お客様自身にとってはまさに【意を決して】臨まれる、
一生に一回の】カウンセリングかもしれないわけです。

その事実を、
いつまでも忘れないよう、明日からも精進してまいります。

(健康に留意しながら、もう1回だけ20年を続ける所存です。)

引き続き、ご愛顧のほど、よろしくお願い致します!


カテゴリ:業務連絡

おすすめの記事