投資の発想法

あなたのおカネをふやす『公式』は、微妙なバランスの三角関係なのです

2020年6月27日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

世の中には実にさまざまな投資のやり方があります。

しかし、灯台下暗しではないですが、
私たちはおカネを増やす『概念』そのものを
時に忘れてしまいます。

結局のところ、
あなたのおカネをふやす『公式』とは?

 

      投入するお金
         ×
        利回り
         ×
     投資を続ける期間


であります。


A 投入するお金
B 利回り(リターン)
C 投資期間 は、

まるで「トライアングル」のように互いに影響し合っています。






ところが(ひとつひとつは、)
まったく別の事象なのです。

情報量としていちばん多いのは
B 利回り(リターン)に関することでしょう。

「どの金融商品がいいの?」というトピックも、
結局、みながリターンの高さに注目する結果、
露出が大きくなっているわけで・・。


華やかな「B」にときに翻弄され、
私たちは過剰な時間とエネルギーを注いでしまいがちです。

が、これって本当に
(いちばん)大切なことなのでしょうか?

あなたはどう思われますか?)

 



もう一度、

 

A 投入するお金
B 利回り(リターン)
C 投資期間 


を眺めてみましょう。


生まれてはじめてソフトクリームを食べたときのような
初心」に帰ってみると、

ひとつだけ、
自分ではコントロールできないモノが見えてきます。

そう、
B 利回り(リターン)です。


利回りは水もので、
良い方向にも、悪い方向にも大きくブレます。

「利回りなんて、
あまり当てにし過ぎないほうがよい」と感じるのは、
あなたの良識が働いている証拠です。



(ところで、)投資家は
さまざまな行動パターンを持っています。

B 利回り が頭から離れず、
移り気に保有する金融商品だけが増えてしまい、

結果、
A 投入するお金
十分増やすことが出来なかった。


あるいは、
魅惑的な「B 利回り」ばかりに目が行って
大きなリスクを負ってしまい、

(暴落 → 途中売却して、)
結局 C 投資期間 を伸ばせなかったという例はたくさんあります。


先ほどのトライアングルで云えば、






B 利回り が全体のバランスを崩す
「誘引装置」になってしまっているのです。

そして、

A 投入するお金 や、
C 投資期間 に
ネガティブな影響を与えている・・。

何を隠そう、↑上記こそ、
20年の相談業務の中で何百と見てきた症例なのです。

 

いちど深呼吸してみましょう。

 




あなたのおカネをふやす【公式】は?

3つの『掛け算』ですね。

分散、低コストを心掛けるという
基本方針さえ踏襲していれば、

実は、B 利回りではなく、

 

A 投入するお金
C 投資期間

に注力することが、
資産形成のキモであることが分かります。

(おまけに AもCも、
自分でコントロールすることが出来ますし!)

 

もちろん『投入するお金』を増やすことも、
『投資期間』をできるだけ延ばすということも、

一筋縄ではいきません。

演歌の花道的、鍛錬といいますか、
徐々に慣れていって、
その行為をめげずに続けていく胆力が求められます。

はるかな「道のり」なのです・・。


でもです、
そんな胆力
最初から持っている投資家なんていないのです。

その行為を、
めげずに続けていく胆力は、
長い時間をかけて徐々に養っていくもの。

「えっ、でもどうやって?」

毎月定額でお金を投入し続けるという方法、
つまりは『つみたて』によって養うのです。




 

つみたてを途中で止めなければ、
C 投資を続ける期間 は自然、長くなります。

そして、A 投入するお金
無理なく増やしていくコツは、
「つみたて」という行為を拡大解釈することです。


??

手元にある「まとまったお金」も
月数をあらかじめ決めて、
わざと「つみたて」の仕組みに入れる。

これが『拡大つみたて』です。


最後に、整理しておきましょう。

あなたのおカネをふやす『公式』は?

 

      投入するお金
         ×
        利回り
         ×
     投資を続ける期間


ですが、

利回りにはあまり期待しすぎず、
「つみたて投資」の実践で、

投入するお金をコツコツ増やすこと、
投資を続ける期間をコツコツ延ばすことに注力してください。

とってもシンプルですが、とっても真実なのです。

 


カテゴリ:投資の発想法

おすすめの記事