バランスファンド

8資産均等型と株50・債券50のバランスファンドの違いについて

2020年6月19日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

バランスファンドにとって重要なこと。
それは、
そのファンド特有の【型(かた)】を知ることではないでしょうか。

ここでは具体的に、
「eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)」と、
「楽天・インデックス・バランス・ファンド(均等型)」を比較してみたいと思います。

【まずは共通点!】

両ファンドとも【高度な分散】を施しています。

 


すなわち、

・資産の分散、
・国・地域の分散
・通貨の分散 です。

両ファンドを「つみたて」で購入していけば、
・投資時期の分散 もカンタンに実現します。

また、継続コスト(運用管理費用)も非常に低廉です。

 

【次に、違う点!】
ふたつのバランスファンドは、
以下の3つの点についてその『世界観』が異なります。


1. 細かい資産配分が「固定」か「変遷」か
2.円建て資産の割合
3.REIT(不動産投資信託)の存在


1.について云うと
eMAXIS Slim バランス」の資産配分は、
シンプル明快な『単純・固定型』です。

世の中の変化も、
マーケット状況も関係なく、
この割合でいきます!」と高らかに宣言しているわけです。


それに対して、
楽天・インデックス・バランス(均等型)」は、

株式(50%)債券(50%)のおおもとの配分は『単純固定』ですが、
株式、債券それぞれの資産配分の中身は【変遷します。】

 



たとえば
当該バランスファンドは

全世界株式部分に、
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)
(年間経費率 年0.08%)を組入れています。

VTとは48ヵ国の世界株式を内包するETFであり、
それぞれの国の組入れ比率は、
株式市場の大きさの比率によって定まるため「常に・変遷していくわけです。

   ↑ ココ、伝わっていますか?)

債券(50%)部分も同様です。

完全固定型の「eMAXIS Slim バランス」とは、
対を成すといってよいでしょう・・。


次に2.ですが、
楽天・インデックス・バランス(均等型)の
「円建て資産」はかなり少なめ。

当該バランスファンドは株式部分で
バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)を、

債券部分では
バンガード・グローバル・ボンド・インデックス・ファンドを保有します。


バンガード・トータル・ワールド・ストックETF(VT)のファクトシートを見ると、日本株式の割合は7.8%となっています。

このVTを半分だけ組み入れるので、
当該バランスファンドにおける日本株の割合は3.9%です。

一方、
バンガード・グローバル・ボンド・インデックス・ファンドは、
日本債券の割合は10数%です。

これを半分だけ組み入れるので、
当バランスファンドにおける『円建て資産』は10%程度なのです。

(※ ただし、当該バランスファンドは
日本債券以外の『債券部分』には円ヘッジが入ります。)

 


対して「eMAXIS Slim バランス」は、
株式、債券、REITで「円建て資産」が計37.5% あります。

これは?

ある程度「円資産」を維持しながら
国際分散投資を行っていこうというメッセージなのです。


そして最後の
3.REIT(不動産投資信託)の存在が、
「eMAXIS Slim バランス」最大の特徴と云えるでしょう。

資産市場におけるREITマーケットの大きさは(現状)、
債券、株式に比べると微々たるものです。

しかしながら、
株式37.5%、債券37.5%に対して、
REITを25%組み入れるということは、

おおもとの資産配分においては、
明らかにREIT資産をオーバーウェイトしていると云えるでしょう。

(いっぽう「楽天・インデックス・バランス」は
REITの組み入れは行っていません)

 


どうでしょう?

バランスファンドという特性は同じでも、
ずいぶん【個性】が違っていると思いませんか?

バランスファンドのフィールドも意外と深いのです・・。


カテゴリ:バランスファンド

おすすめの記事