インデックス投資全般

駅のホームにインデックス・ファンドの広告が!

2020年6月18日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

まさか❗️と思いました。

先日、東京メトロ有楽町駅で偶然、
インデックス・ファンドの広告を見かけたのです。

 




私事ですが、

まるで夢でも見ているようでした。

もともとインデックス・ファンドは
マスの広告に挙がってくるような商品ではなく、

ちょっとマニアックな人が興味を持つ、
十分マニアックなツールだったのです。


運用会社も販売会社も長年
多数派(メジャー)という場所から、

「ああ、インデックス・ファンドね。
まあそれも数ある投資信託の、末席に加えてあげていいよ。
選択肢があるのは悪いことじゃないし」的に、

余裕綽々と
インデックス・ファンドを見下ろしていたのでした。


この数十年、

予め期限が決まったファンド、
株式売買部の受け皿にされてきたファンド、

あるいは毎月分配型ファンドや、
旬を売り物とするテーマ型ファンドなど、

顧客にいい夢を見せて、言葉は悪いですが
その演出料で法外な報酬を得ているような投資信託を売って
持たせ、

また解約させ、また売って、というあこぎな商売をしてきたのです、
投資信託の業界って。


それが、です。

低コストで運用期限がない、
市場の平均点を取るというシンプルな商品が(その広告が)

駅のホームで見られるなんて、
個人的には夢でも見ているような気になってしまいました。
(感無量?)


物事は少しずつ良いほうに変わり得るのです。
わたしの拙い20年の実感です。


カテゴリ:インデックス投資全般

おすすめの記事