投資家の感情リスク

株式市場は町内会の会長さんとはほど遠い存在です

2020年6月10日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

最近いろいろなことを学んでいます。

『市場は結局分からない!』ということも、
しみじみ学んでいる気がします。




画像元:ヤフーファイナンス


上記はこの半年の「S&P500」指数の動きですが、
直近の3ヶ月間でまさに究極のハイ・アンドロー、
いや「ロー・アンド・ハイ」を演じています。

こんなチャートを見たのは
投資と長く関わってきて「はじめて」のことです。


人はマーケットの極端な動きを見ればみるほど
近い未来を占いたくなるものですが、
山崎元さんがいつも言われていますね。

予想(よそう)は

(逆読みすると?)

うそよ。



わたしはこの数ヶ月、
ルール化した投資方針に従い
暴落(マイナス30%超)に至ったため
つみたて金額を増やしたりしましたが、

結局、
マイナス15%内に戻したら
つみたて金額を元に戻すという
2番目のルールに従うことになり、

今は「通常つみたて」を続けています。

今のところ
わたしの予想(よそう)も「嘘よ」に転んでいます・・。


『株式市場』は
町内会の会長さんとはほど遠い存在で、
慈悲など持ちあわせていません。

道徳心も持っていません。
法則性もありません。

確固とした信念に従って動くわけでもないですし、
他者への共感を有しているわけでもありません。

ただ、動く、だけです。


中短期ではとくに、
未確認の新生物のように動きます。
「得体が知れません。」

そのくせ
この冷徹で無慈悲な市場を作っているのは、
他ならぬ人間の「欲」と「恐怖」の詰め合わせなのです。

先日、
WATANKOさんのブログ記事を見てハッとしました。

そのタイトルが
自分を信じるな、市場を信じろ

だったためです。

『自分を信じるな、市場を信じろ』


これはまるで
株式投資家の掟(おきて)のような言葉です。


もう一度先ほどのチャートを見てみましょう。





巷ではよく、
上がり切ったら売って、
下がり切ったらどっと買えばいい。

みたいな言い方(=タイミング投資法)が囁かれますが、
『そんなの無理だよ!』と皆が実感できるのが
まさにこの3ヶ月間の動きではないでしょうか。


30%超の暴落から上がり始めたのは4月からで、
たった2ヶ月余りで
瞬く間に「急騰」が起こっています。

「ちょっと怠けて散髪に行けなかった」という2ヶ月余りで、
万一市場から退出していたら、

あなたが逸したプラスの収益は
「ちょっとした後悔・・」では
済まされないほどの大きさになるわけです。

 


 

まさにチャールズ・エリス氏が云う
「稲妻が輝く瞬間」です。


さて、
この急展開の市場が、
1話完結の物語なのか、40話続く大河ドラマの「さわりの部分」なのか、
私たちはまだ知りません。

でも、どのみち「知ることになります。」
市場に居続けさえすれば・・。


カテゴリ:投資家の感情リスク

おすすめの記事