投資家の感情リスク

コロナショックで『やれやれ売り』は果たして起こるのか?

2020年6月7日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

やれやれ売り』という言葉を聞かれたことがありますか?

もともと「株の世界」の用語なのですが、

リスク資産を買ってはみたものの
その後価格がズルズルと下がってしまい、
(売るに売れず)仕方なく持ち続ける中で、

「やっと買値まで戻った!」ということで
『やれやれ』という気分で売ってしまうことなのです。

(身の丈を越えたリスクを取ったためとはいえ、
心情的に理解できないわけではありません。)


リーマンションショックのときは、
この『やれやれ売り』の勢力が意外に大きく、
投資信託から資金流出が続きました。

ニッセイ基礎研究所のこちらの記事から拾ってみましょう。

リーマン・ショック時には、
そのような投資家の売却もあって

ショック時の2008年や2009年だけでなく、
結果的に2013年まで長期にわたり
バランス型からの資金流出が続いた【図表2】。

バランス型ファンドは市民権を得た?~2020年5月の投信動向~』より。

 


以下が【図表2】です。



画像元:ニッセイ基礎研究所

なるほど・・意外に尾を引いているのですね。


人はマーケットの暴落時に
「2種類」の反応を示します。

1.動く
2.動かない


1の動く人は「売る」という行動に出る人です。
(もちろん買い増す人もいるでしょう)


しかし個人投資家の間では
2の「動かない」が圧倒的に多いと思われます。

まさに「サイレント・マジョリティー」であり、
多くの人は動きたくても動けず、結果「動かない」のであります。


そして不思議なことに
2.の動かない人は
時系列で見ると(さらに)次の「2種類」の反応を示します。

それは、

A ずっと動かない人と
B やがて動いてしまう人(=売ってしまう人)です。

 


このBの一部が
『やれやれ売り』に属するわけですが、

では、
A ずっと動かない人と
B やがて動いてしまう人って、

キャラクター的にぜんぜん違うのでしょうか?
(いいえ、そうでもないのです)

 



わたしは仕事柄、
両方の人を知っていますが互いによく似ています。

その違いはほんのわずかで
実のところ何かというと・・、

『こだわり』なのです。

こだわり?

ハイ。


やがて動いて売ってしまう人は、

・金融商品を選んだ自分にこだわりがある。
・金融商品を保有するプロセスにこだわりがある。
・金融商品の買値にこだわりがある。

なので、
その『こだわり』に反するような事象が起こると、
修正を入れたくなるわけです。

(その行為のひとつが「やれやれ売り」!)


翻ってずっと持ち続けられる人は?
その種の『こだわり』が少ない・・。

ちょっと「逆」を書いてみましょうか?

・金融商品を選んだ自分にこだわらない。
・金融商品を保有するプロセスにこだわらない。
・金融商品の買値にこだわらない。


こういう人は結局のところ
投資という行いを自分を主人公としたプロセスと捉えず、

投資を、市場が織り成す物語と捉え、
自身は「一参加者」と割り切っているわけです。


自分ではどうにもならないマーケットの不条理を、
「まあ、仕方ないわね」と
(良い意味で)いい加減にあしらうことができる人・・。

わたしもそういう投資家になりたいと思っています。


(ちなみに今回はリーマンショック時ほど、
『やれやれ売り』は発生しないと思います。
それは暴落してから(元に)戻るまでの期間が短すぎるためです。)


カテゴリ:投資家の感情リスク

おすすめの記事