インデックス投資全般

日本人が世界でいちばんインデックス投資に向いている?

2020年6月1日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

インデックス投資家は、市場平均に投資を行う人です。

換言すれば、
『平均』を取れればいいやと割り切っているわけです。

「カンさん。
わたしは別に過大なリターンを求めているわけではありません。

長く投資を続けて、
たとえば年3%、4%くらいの収益があればいいと考えています。」

 

こんな思いを吐露される方が、
当クリニックの典型的なお客様像です。

これって、
分(ぶん)を知る、ということではないでしょうか。

分(ぶん)とは「本分(ほんぶん)」のこと。

「本分」とは、
あなたが出来ること、
あなたがほんらい果たすべきことです。

 



たとえば、
「年3%、4%くらいの収益でよい」というお言葉は、

あなたがあなた自身のことを知っていないと
(なかなか)出てこないのでは?


また、外の世界、
この場合は資産運用というフィールドの
『現実的な景色』を知っているからこそ、

「年3%、4%くらいの収益」という言い様ができるわけです。

「これくらいで充分。これで良しとしよう。」


このような物事の把握のしかたって
『インデックス投資』そのものだと思いませんか?


また、インデックス投資は「シンプル」でもあります。

その投資の手法は中学1年生でも理解できます。

この「シンプルさ」を希求することは、
日本人がほんらい持っている
【足るを知る】という精神に通じると考えます。


そして、市場平均に投資を行うとは、
『無駄な要素をそぎ落とし、余計な動きをしない』ということ。

(結果としてコストも安くなります)

無駄なコストをかけないことも
日本人が昔から持っている『質素・倹約』の精神に通じますね。

そう、わたしは真面目に
日本人こそ世界でいちばんインデックス投資に向いていると思っています。


石庭で有名な、
京都の龍安寺がありますが、
あのお寺さんでわたしが好きなのは以下の蹲踞(つくばい)です。





  吾
知 口 唯
  足

口(くち)という漢字が、
4つの言葉の、
共通の部首になっているのですね。

時計回りに読みますよ・・。

すると、

吾 唯 足 知 (われ、ただ足るを知る)」となります。


文字として書くのは簡単ですが、

「吾 唯 足 知 (われ、ただ足るを知る)」の
心境に達するのは一筋縄ではいきません。

それなりに鍛錬が必要です。

我慢強さ、同じ姿勢で物事を続ける粘り強さがあってはじめて、
「吾 唯 足 知」に至る・・。

やっぱり貴方はインデックス投資に向いていると思いますよ。


カテゴリ:インデックス投資全般

おすすめの記事