投資の発想法

確定的に5%ではなくて、期待平均的に5%なのです

2020年5月30日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

私たちはどうしても、
「マイナスになる」
「お金が減る」「損失!」という現象に過剰反応してしまいます。

それは、これまでの生活の中で
「お金は減らない(マイナスにはならない)」状態に慣れ切ってきたせいでしょう。

かく言うわたしも、
30年間「貯金」という箱の中にのみ、
お金を預けてきた一人です・・。


投資に興味を持ち始めたお客様によく、

「カンさん、この投資信託は
どのくらいのリターンがあるんでしょう?」と質問されます。

より具体的には、

 

「この投資信託は
どんなイメージでお金が増えていくのでしょう?」という質問です。

 

運用という習いがないと、
見ようとする視野がどうしても「片方」になりがちです。

すなわち「増え方」についての質問はあっても、
「減り方」を問うてみることがないわけです。


それを助長したのが、

たとえば「ノーロード型のインデックスファンド」で、
こんなイメージでお金は増えていきます・・という、

かつてのわたしの『間違った説明』だったりします(-_-;)

下記たいへん恥ずかしいのですが、
実は拙著で載せた図です。

 




(拙著「積立て投資術」より)


こういう図表はあたかも
「確定された」「約束通りの」プロセスで、
お金が着実に増えていく・・

そういう印象を与えてしまいがちです。
(勿論大きな損失もなく・・)


ある株式ファンドに積立て投資を行って、
順調に年5%ずつ資産が増えていくことはあり得ません。

確定的に5%ではなく、期待平均的に5%なのです。

それも、
山あり谷あり長い時間軸を持ってはじめて
期待リターン(プラス)が浮上してくるもの。

10年~20年のタームで
リターンが平均に収斂するという意味での「5%」を、
ほんとうは図表化すべきなのです。


さて、山あり谷あり
すなわち市場における『アップダウン』とは、

(一例として)経済のサイクル変動が、
株式、債券市場に
「不定期に」「まったく違った容量」で影響を及ぼすことです。

これがリスク(価格変動のブレ幅)なのです。

 



ところが(実は)

『不確実性』とは
(上記リスクとは)まったく意味合いが異なるのだそう・・。


ニッセイ基礎研究所のこちらの記事によりますと、

不確実性という概念が定義されたのは、
100年ほど前に『スペイン風邪』が流行した頃らしいです。

米経済学者のフランク・ナイトが
1921年の著書『Risk, Uncertainty and Profit』
(リスク、不確実性および利潤)において、

リスクと不確実性について明確に区別した。

 (中略)

リスクは先験的または統計的に計量可能であるのに対し、
不確実性は計量できない。


・・なるほど。


今回の新型コロナウイルスも
計量できるリスク、ではなく「不確実性」そのものです。

おそらく2001年の「同時多発テロ」も
計れる類ではない「不確実性」に分類されるでしょう。

「カンさん、マーケットが内包するリスク(価格変動のブレ幅)にプラスして、
不確実性にも考慮して、運用を続けないといけないなんて「酷」ですよ!」

はい、たしかに。

ただ、
計量できない、突発性を帯びた、嵐のような出来事は、
残念ながら人生で何度か起こってしまいます。

それは(投資をしても)(しなくても)
身に降りかかってくるものなのです・・。


カテゴリ:投資の発想法

おすすめの記事