経済よもやま話

ジェレミー・シーゲル先生は、今後の株式市場に「強気」です

2020年5月29日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

時に、
自分と違う意見をしっかり聞いておくことって重要。
自分の考えを「客観化」し「再構築」する手助けとなるためです。

書籍「株式投資の未来」で有名なジェレミー・シーゲル先生は、
今後の株式市場に対して『強気』です。

5月8日にアップされたCNBCでの発言です。)




(ご高齢にも関わらず、ハキハキと答えておられ、とてもお元気そう。)


以下、一部引用、かつわたくしカンの意訳となります。

(細かいニュアンスなど異なる場合がありますので、
その点ご留意のうえ、お読みくださいませ)

わたしもいつも経済ニュースをフォローしているが、
発表そのものはそんなに気にしていない。
その手の「情報」はすでに起こったこと、「バックミラー」なのだ。

 


(どうして株式市場が上昇しているかといえば、)

 

株式の価値の9割以上は
今後12か月『以降』の企業の利益によって説明できるからだ。

今後12か月は(もちろん)悲惨だ。

しかし仮にこの1年内に、
治療法、ワクチンについて大きな進展があれば、

つまり、新型コロナウイルスに対する「恐怖」が減じられれば、
2021年は「booming year」(株式ブーム)が訪れるだろう。


また、シーゲル先生は、

3月(3月23~24日)の安値が底値であると思う。

と述べられています。

 

 

ただ懸念すべきは、
もし治療法もワクチンもない状態で、
『第2波』が10月にもやってきて、
再びロックダウンを強いられることになった場合だ。

しかし、わたしはその可能性はとても低いと思う。

 

とも発言されています。


最後にシーゲル先生は、

これから1年半、2年のうちに
米国株式の高値更新はあり得るか?という質問に対して、
それはあり得る」と回答されています。

そして、3~4%のインフレを予想しています。

さて、この「インフレーション(物価上昇率)」。

これはもちろん、
中央銀行(FRB)が
前例のない規模で市場に供給している『流動性』に依ります。


万一、

1年内にワクチンの開発・流通が起こり、
(過剰流動性のもとで)消費爆発が起こると、
インフレが急伸する可能性があるとわたしは考えます。

その際、
中央銀行(FRB)は果敢に(かつ遅滞なく)
金利を引き上げることが出来るのでしょうか?

 


〇 まだ(ウイルスが)心配だよ、
〇 まだ(失業率も)高いよ、
〇 企業にも個人にも(まだまだ)十分な手当が必要だ・・という声に押され、

『過剰流動性』を抑え込むことに躊躇が起きれば、
インフレーションを制御できなくなるかもしれません。

歴史上、↑ 衆愚政治ならぬ「衆愚経済」は
しばしば繰り返されているのです・・。


カテゴリ:経済よもやま話

おすすめの記事