投資の発想法

資産運用の原始の姿、それは長期・分散です

2020年5月16日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

富は生まれたものの、
その使い方を知らない人間は試行錯誤を重ねました。

やがて無駄という箱の中に
ヒトの心を詰め込むことで「文化」が生まれました。

たとえばヨーロッパの貴族は
「お抱え画家」を雇って絵を描くことに専念させました。

また貴族は「資産運用会社」も生み出しました。

自分たちの巨万の富(資産)の管理を専業の者に任せたのです。
これが実質的な資産運用の始まりです。

 



真のお金持ちの気持ちは
(真のお金持ちになってみないと分かりませんが、笑)

おそらくお金を増やすことより、
いかに資産の価値を(長期的に)減らさないようにするのか・・
ココに力点が置かれていたはず。

※ おそらく次の、次の「世代」のことまで考えて
資産管理が為されていたのでしょう。

それが「クライアント(貴族)」のニーズですから。

このように運用会社のルーツは、
最初から『長期のマインド』で醸成されていました。


また、昔のヨーロッパは戦争に明け暮れていました。

国が滅び国名が変わり、
言語が変わり、
宗教が変わり、
ときに王侯貴族は暗殺され、

通貨の呼び名が変わり、
信じられない物価高が起こったり、飢饉が生じたり、
住む場所も肩書きも、名前さえも変えて生きざるを得ない・・。

 



そのような可能性がある中で、
「あらゆる状況を想定しないと!」という潜在意識が、

運用における『リスクの分散』という技(わざ)を
身に付けさせたのではないでしょうか。

このように運用会社のルーツはスタート地点から、
『リスクに備える』を意識していたのです。


はい、ここでまとめておきましょう。

長期・分散の「こころ」は
資産運用の原始から存在していたのです。



その後、お金を増やす、資産を守るという行いが、
何百年もかかって「ふつうの市民」にまで下りてくると、
投資信託という道具が登場することになります。


実は、日本における資産運用の普及は
ヨーロッパのそれとはまったく異なります。

投資信託ひとつ取っても、
それは上からの『政策』だったのです。


日本では1940年に投資信託の歴史が始まります。

藤野英人さんの書籍
【ビジネスに役立つ「商売の日本史」講義】に
詳しいですが、


戦前の投資信託は、
国家が投資資金をまとめて管理し、

また、軍需などの重点産業に
お金を回りやすくするための『道具』でした。


そして戦後は、
財閥の解体、財産税の徴収によって
大量の株式が市場に吐き出されたため、

これを吸収する目的で
「証券投資信託」として整備されたのです。

まさに「国策」ですね・・。

その後長らく投資信託は、
株式(個別株)の脇役として甘んじてきたのです。

 



おそらく、この10数年くらいではないでしょうか、
日本で『長期』『分散』を謳う、
資産運用の原点が評価され始めたのは・・。

おそろしく時間がかかりましたが、物事は着実に良い方向に進んでいます。

そして、今後の資産運用ビジネスのカギを握るのは、
あなたやわたしのような一介の需要者(ユーザー)なのです。

 

 


カテゴリ:投資の発想法

おすすめの記事