100年ライフプラン

4月のライフネット生命の新規保険契約件数が、前年同月比でおよそ2倍に!

2020年5月15日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

ライフネット生命の4月(単月)の新規保険契約件数が
前年4月に比べおよそ2倍になったのだそう・・。

 




画像元:ライフネット生命『ニュースリリース


そういえば、
ライフネット生命のテレビCMって最近多いです。

特に特定の番組内で、
番組出演者等によって演じられるCMをしばしば見かけます。

このような積極的なメディア露出が功を奏して
保険契約件数が増えたという側面もあるでしょう。


しかし一番は、
新型コロナウイルス感染拡大の影響と思われます。

未知の部分が多いウイルスの出現によって、

「病気になるかもしれない」
「死んでしまうかもしれない」という不安感が増幅され、
多くの人を保険契約に走らせたのかもしれません。


しかしわたしは
「漁夫の利」的な側面も強いと考えます。

つまり、既存大手生保からネット生保へという
『新たな顧客の流れ』です。


ここ数ヶ月「対面型」の大手生保会社は、
ウイルスの影響で軒並み営業活動が行えなくなったため、

「保険に入っておきたい」という新規ニーズの多くが
ネット生保に流れたというのが実態ではないでしょうか。

 



ライフネット生命は
死亡保障、医療保障、所得補償(就業不能)に特化したネット生保であるため、

「リスクに備え保障を買っておきたい!」というニーズに対し
迅速かつ明確に対応できたのだと思います。

わたしは非日常、危機のときにこそ、
保険の【本質】があぶり出されると思っています。 

保険の【本質】って?

万一に備え「保障」あるいは「補償」のみを購入すること!



自動車保険が分かりやすいですね。

滅多に起こらないけれど、
いったん起こってしまうと経済的な負担が莫大になるため、
しっかり『補償』のみを買っておく。



 

保険の本質から離れ、
わざわざ「貯蓄性」や「投資性」を盛り込んで、
多めの保険料を得てきたのは保険会社のエゴに過ぎません。

日頃、対面型の生保会社が
「保険はネットで売れるほど簡単な商品ではない」と、
あぐらをかいていたツケが今回ってきているとも言えます。

保険は(ほんらい)簡単シンプルなのです。
投資信託も(ほんらい)簡単シンプル。

 


金融商品もほかの生活商品と同じく、
「○○というニーズ」に応えるため、
簡潔に「□□という道具」を供する・・

ただそれだけのことなのです。

コロナショックという不可抗力によって、
金融商品に求められる【真の姿】が露わになるのは
良いことだとわたしは思います。


カテゴリ:100年ライフプラン

おすすめの記事