インデックス投資全般

インデックス投資とは?市場全体 + 市場の変化を取り込む投資のこと

2020年5月10日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

インデックス・ファンドのメリットって何でしょうか?
「コストが安いこと!」

はい、それももちろん当てはまります。
でも(それは)一番ではありません。

わたしが思う、
インデックス・ファンドのもっとも大きなメリットは、

市場(マーケット)の構造的な変化を、
隈なく取り込めることです。


カンタンに言えば、
インデックス・ファンドを持ち続けるだけで、
「ファンドの中身 = 構成銘柄(企業)」が次々入れ替わっていくのです。


たとえば『米国株式インデックスファンド』です。

下記はS&P500指数の1979年から2017年までの
『業種別・構成比率』のドラスティックな変化です。

 



スゴイですね・・。

長い目で見れば業種だけでなく、
個々の銘柄が変遷していく「ダイナミックな変化」を現出してきたのです。


よく「市場全体に隈なく投資を行う」という言い方を、
インデックスファンドに対してしますが、
これは半分しか言い当てていません。

(ただインデックスファンドを買った状態を指しているだけ。)

インデックスファンドを購入して、
長く保有し続けることで、
実は「市場の変化そのものに投資を行うこと」になるのです。

 

市場全体 + 市場の変化を取り込む = インデックス投資


インデックスファンドはただ購入するだけではダメで、
『長期保有』という姿勢を貫いてこそ、その効用が最大化されるのです。

伝わっていますか?)


たった一ヵ国でも、
業種別、個々の銘柄の「新陳代謝(ダイナミズム)」を感じるなら、

それを、20ヵ国、30か国、40ヶ国分享受したいと願っても
まったく不思議ではありません。

それが「全世界株式インデックス」なのです。

 



全世界株式インデックスファンドは、
ファンド内で個々の銘柄が変遷していく「変化」と、
組入れの国々の中身が変遷していく「変化」両方を併せ持ちます。

 

世界市場全体 + 世界市場の変化を取り込む = 全世界株式インデックス


伝わっていますか?)


話は変わりますが、
もしかすると新型コロナウイルスは、
ヒト社会に投げ込まれた隕石かもしれません。

それは時間とともに放射状となって、
思わぬところの、思わぬ人たちに影響を与えたりします。

あるいは世の中のあり様、
骨太の仕組みそのものを大きく旋回させ、

地政学的な「国々の勢力図」を
一挙に変化たらしめる存在になるかもしれません・・。


このような滅多に起こらない
本質的な変化が近づきつつある状況では、

「世界市場全体 + 世界市場の変化を取り込む」という、
全世界株式インデックスファンドが
機能的な投資の道具になり得るとわたしは考えます。

お知らせ)

当クリニックは『完全オンライン診療』です。
【全国どちらからでもご相談いただけます!】
English counseling is also available.

コロナショックによる株式市場の低迷は、数年は続くと予想されます。
投資信託も厳しい環境下に置かれます。

しかし、投資時期を分散させ、規則的に資金を投入していけば、
市場の下落をチカラに換えることが出来ます。それが『つみたて投資』です。

当クリニックでは「個別カウンセリング」を通じて、
マーケットの混迷を千載一遇の『チャンス』に変える処方箋を提供しています。


カテゴリ:インデックス投資全般

おすすめの記事