バランスファンド

aobaさんの記事『10資産バランスファンドを考えてみた』は中々に面白い

2020年5月7日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

aobaさんのブログ
『Power of Equity』を読んでいて、なるほど・・と思いました。

こちらの記事です。
10資産バランスファンドを考えてみた


aobaさんの考えられた案は
いわゆる『8資産均等型』に加え、

金(ゴールド)10%、
仮想通貨10%を加えて、

10の資産をすべて10%ずつ保有する、
【10資産バランスファンド】です。

こんな感じ・・。

 




どうですか?
スッキリして潔い資産配分だと思いませんか?


なお、aobaさんは現状
『eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)』を保有されていますが、

その理由を簡潔に次のように記されています。

 

・株式だけでは変動が激しすぎる
・どの資産が良いパフォーマンスを上げるのかは誰にもわからない
・リバランスが面倒くさい
・完全ほったらかしで資産が増えたら最高


こんなふうに捉える人は↑
けっこう多いのではないでしょうか。


8資産均等型も、
そして10資産均等型も、
投資手法としては「バリュー戦略」の側面を持ちます。

すなわち、
相対的に価格が下がっている資産を多く買い、
価格が上がっている資産は少なく買うわけです。

(理に適っていますよね?)


(ところで、)
コロナ後の世界が一体どうなるのか、
その全容はまったく明らかではありません。

しかし、
果たしてお金の価値が適正に保てるのか?
という危惧はあります。


ニュース等で散見されますが、
新型コロナウイルス対策として世界各国は
かつてない規模の金融政策、財政政策を実施しようとしています。

この結果、
国(政府)の借金が増えることだけは確かです。

財政赤字が膨らむ中、
もしコロナの第2波、第3波が到来するようなことになれば、
またまた(借金のための)国債発行が膨れ上がることに・・。

 




シンプルに申し上げましょう。

(もしそうなれば、)
それは、刷られ続ける紙幣の出現です。


このような状況は
マグマのように熱とエネルギーを持ちながら、
将来的な物価上昇(インフレーション)に結実する可能性があります。


こんなふうに考えてみましょう。

〇 刷られ続ける紙幣と、

〇 埋蔵量が限られている金(ゴールド)
〇 発行枚数が決められているビットコイン


明らかに好対照です。

(※ 同じ仮想通貨でもイーサリアムは
発行枚数の上限は定められていません)


つまり、
『10資産均等型』における
金(ゴールド)10%、仮想通貨10%は、

世の中がうまく行かないとき、
つまり「通貨」に対する信頼が失墜した場合の
保険』のような投資対象なのです。


なお、機関投資家向けではありますが、
仮想通貨のインデックスファンドはすでに存在します。
Digital Asset Index Fund

下記図表をご覧いただくと、
さまざまな仮想通貨が「時価総額」の比率によって
組み入れられていることが分かります。

 


画像元:Morgan Creek Digital

 

前にも申し上げましたが、
まだ遠い将来のことにしろ、
いずれ「国単位の通貨制度」は終焉を迎えると考えます。

コロナショックが
その時期を早める可能性を秘めているのです。


カテゴリ:バランスファンド

おすすめの記事