世界投資的紀行

世界文明の児は、行ったこともない国の株式に平気で投資を行います

2020年5月2日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

ひとつだけ確かなことがあります。

それは、
世界の国同士はもはや緊密につながってしまっている、ということ。

だからこそ?

だからこそ、
私たちは経済的な繁栄を手にしているわけで。

新型コロナウイルスは(まさに)そこを突いてきたと云えます。


ウイルスは、かつてないほど密に移動する
(=経済活動する)ホモサピエンスの習性を利用し、勢力を広げようとしているかのよう・・。

(ちょっと考え過ぎですか?)


たとえ長くウイルスが居座ったとしても、
ヒトがほんらい持っている、
外に向けてエネルギーを放ついわゆる『知的好奇心』は、

わたしは簡単に萎えることはないと思います。

(1910年代のスペイン風邪の大流行のあとも、
ヒトは逞しく移動を続けたわけですし!)


2020年現在、
あなたが日本のどこの町に住んでいようと、
あなたの周りの環境はすでに『グローバル化』しています。

とくに新型コロナウイルスが拡散してからは、
あたかも世界中の人が同じ類の苦難を背負い、

また「何気にほっとする場面」も、
互いに頷き合えるくらい似通ってきています。




インドで医療従事者の方々に感謝の意を伝える拍手。



シンガポールでの医療従事者の方々に感謝の意を伝える拍手。



イタリアでは↑皆が歌を歌っています。

互いに顔を確かめ合い「大丈夫だよ」という
無言のメッセージを送っています(あるいは送られています。)


あなたは上記の動画を観て、うんうんと頷けるはず・・。

なぜなら
国や人種の違いよりも、
ヒトとしての『共通項』に引き付けられているから。



この、
違いよりも共有項を見つけようというマインドそのものが、
グローバル投資』の本質です。

何しろ全世界株式インデックスファンドに投資を行おうものなら、
あなたは9割以上のお金を、
海外の国々50か国近くに供することになるわけです。

多くの国には行ったことすらありません・・。

3000を超える組入れ企業の、
ほとんど社長の名前さえ知りません。

まして何百万人にもなる各企業の従業員の一人ひとりとも、
一度も会ったことがなく、また生涯会うこともないはずなのに、

あなたは平気で何百万円ものお金を、
世界株式に投じようとしているわけです。



そう、あなたは「世界文明の児」なのです。

あっ、これはわたしの言葉ではありません。


司馬遼太郎氏の『街道をゆく』
「36 本所深川散歩・神田界隈」の中で、
知りました。



 

「世界文明の児ナリ!」

この言葉は
桂 糺(かつら・ただす)という人が、
明治44年(1911年)に書いた手記の一節、

「全然武ヲ知ラズ世界文明ノ児ナリ」。
からの引用です。

「武ヲ知ラズ世界文明ノ児ナリ」という言葉には、
江戸から明治に移り変わった時代の、
人々の気負いが伝わって来ます。


それはそうでしょうね。

いきなりザンギリ頭になり、
革靴を履いて、
大きく息を吸い込むように、
西洋文明を取り込み始めたわけですから・・。

でも、わたしにもあなたにも、もう「気負い」はありません。
自然に世界文明の児、なのです。

時代が進むというのは素晴らしいことなのです。


カテゴリ:世界投資的紀行

おすすめの記事