金融機関にモノ申す

ヤフー(Zホールディングス)が「PayPay投信」「PayPay投信バランスライト」などの商標を出願しています

2020年5月1日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

あなたは『知財ウォッチ』というサイトをご存知ですか?

毎週公表される特許・意匠・商標などの情報を、
簡単に見られる情報サイトです。

先日、Atsushi Nozakiさんという方のnote記事を読んで知りました。

たとえば『商標』を出願するとは?

出願者が新たなサービス、商品、
またそれに伴うマーケティングを準備中である、
と推測することが可能ですね。

 


Nozakiさんの記事、
【商標から見る】競合他社の新製品・新サービスを商標情報から予測する
の中で、

ヤフー(Zホールディングス)のことが言及されていました。

以下、引用します。

 

ヤフーの4月28日付で公開された商標は以下の5件でした(出願日はいずれも2020年4月14日)。

PayPay保険
PayPay保険サービス
PayPay投信
PayPay投信バランスライト
PayPay投信AIプラス

 

なんだか面白そう。

 



皆さん、ご承知の通り、
ヤフーとLINEは統合に合意していますが、
それぞれすでに金融サービスを持っています。

LINEのほうはLINE証券、LINEほけんなどを
稼働させていますね。

ヤフーは傘下にワイジェイFXを持ち、
ここで投資信託の販売も手掛けています。

「Yjamプラス!」や「Yjamライト!」という投資信託です。
専用サイトはこちら


ところで、
PayPay保険、PayPay投信には、

販売の導入線となる決済アプリを
(LINE Payではなく)PayPayのほうで統一するよ、
という意味合いが込められているのでしょうか?

あるいは、
今回出願された商標の中にPayPay証券がないのは、
LINE証券を存続させるという意向なのでしょうか?


まだまだ分からないことばかりですが、
少なくとも「PayPay投信バランスライト」
そして「PayPay投信AIプラス」は

投資信託の名称に間違いないでしょう。


新型コロナウイルスの影響で、
電子決済比率が高まっていると聞きます。

「災い転じて・・」となるような
新しい金融サービスの勃興に期待したいものです。

 


カテゴリ:金融機関にモノ申す

おすすめの記事