投資家の感情リスク

不安ばかりでなく、たまには楽観も食してあげましょう

2020年4月30日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

たとえばわたしなど
(ホントは)内気で心配性なA型です。

「大丈夫かな? 何か見逃してるとこないかな?」と、
適度な不安と付き合うことで、安心できるタイプの人間です。

ココ、伝わっていますか?)


そこそこの『不安』を飼っておくことは、
次なる行動を起こすエネルギー源になります。

でも、「そこそこ」ですよ。

資産運用もそうではないでしょうか?

「そこそこの」将来に対する不安は、
自分のお金をもっと主体的に動かそうという動機付けになります。

 



しかし、この「不安」が大きすぎる例があるのです。

就職するときに「期待」より「不安」の要素が大きく、
ついつい、今、大丈夫そうな『大きな会社』を選んでしまう。

30代になって結婚を考えるときに「不安」のほうが大きく、
ついつい今、「手堅そうなパートナー」を選ぶ。

将来のお金の不安を解消するため、
お金の貯まり方が決まっている『保険』商品を、今選んでしまう。

資産運用をずっと行っているのに、
50代になったらなったで(また)やはり老後のことが「不安」に・・。


どうも日本の社会は
「不安」が「楽観」に勝っている気がします。

症状としての「不安症候群」は
資産運用の一部のフィールドで
ひとつのビジネスを成就させてしまっているくらいです。

名付けて『不安商法』。


不安に駆られて金融商品を買ってしまう、
その際の消費者の「エネルギー」の大きさを、

銀行さん(外貨)も、
金・貴金属取扱い業者も、
海外口座での海外ファンドの積み立てを勧めるアドバイザーも、
海外の不動産をお膳立てする不動産業者も、

よーく知っているわけです。


また不安や恐怖で金融商品を買ってしまうと、
別のベクトルに感情が振れた場合に、
いとも簡単に違う投資スタイルに飛びついたりします。

そしてまた、せっせと ↓ 別の不安を掘ってしまうのです。

 



逆説的な言い方ですが、
症状としての「不安症候群」は、
アメリカ人に(少しは)煎じて飲ませてあげたいくらい・・。

なぜならアメリカ人は
「楽観」が「不安」に勝り過ぎだと感じるためです。

たとえばアメリカ人は「老後」を心待ちにし、
日本人は「老後」を不安に想います。


本当は、足して二で割ったくらいの展望がちょうど良いのでは?

ほんらい「不安」から「楽観」にシフトするのは気持ちがよいもの。

あなたもわたしも、マインドとしてはほんの少し
『上を向いて歩んでいく。』

誰かの歌にもありましたね・・。


カテゴリ:投資家の感情リスク

おすすめの記事