投資の発想法

フローのみの生活 → ストックを持つ → 生活防衛資金を築く

2020年4月22日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

江戸時代、地方の農家の人々は
「モノ経済」でほぼ用が足りていたと思います。

『モノで稼いで、モノで支払う。』

それが明治になって、
貨幣(お金)が人々の生活に入り込んできて、

「モノ」で稼ぐけれど、
「お金」で払う必要が出てきました。

農産物を育てる人は
年に1度、2度くらいしか、
モノを現金に換えるチャンスがないわけで・・。

(実はこのような経済の過渡期ほど、
『金貸し』のニーズが高かったと推察します。)


さて、翻って「今」です。
今は「お金」を稼いで「お金」で支払う時代です。

新型コロナウイルスの影響で、
支払うべき時に、支払うべきお金があるかが、一大問題になっています。

よく資金繰りという言い方をしますが、
経営者にとってはまさに「生きるか・死ぬか」の問題であり、

たった1日、たった1週間の「お金の貸し借り」が、
利益・コストを生むという教科書的な記述が、
今、現実として方々で起こっているわけです。

 



ただし、
これは『フロー』で生活をしているという前提です。

(実は)私たちは歴史上のほとんどの期間、
フローで生活をしていました。

とりあえず、
明日、来週のご飯(生活費)は賄える?
(そのための)お金は用立てられそうかしら?

出ていくお金と
入ってくるお金の「帳尻」さえ合っていれば、
まあそれでOKという「生き方」だったのです。

(換言すればそれだけ貧しかった。。)


意外に思われるかもしれませんが、

来年のため、5年後のために
お金を貯めておこう(=積み上げておこう)という考え方は、
ごくごく最近の、まったく新しい発想なのです。

これが『ストック』で生活を発想するということ。


個人の家計も企業も、
今ほど『ストック』の有難みが身に染みている時はないのでは?


そういえば2001年、
木村剛氏の『投資戦略の発想法』初版が発売されました。





本書の中で木村氏は
おそらく日本ではじめて
生活防衛資金』という概念を紹介されたのです。


これはズバリ、

投資を実践する前に
生活費の2年分を確保し、
この資金については投資に回さずに
「預貯金」で置いておくという考え方です。

 


現代は、ふつうの生活者でも
『フロー』の管理さえしっかりすれば、
『ストック』を築くことが可能です。

 

木村氏のこの概念は
リスクを負って『ストック』を築く前に、
手元に安全な『ストック』を築いておこう、という考え方そのものです。

 

木村氏のアイデアは、インデックス投資家にも多大な影響を与えています。


水瀬ケンイチさんも先日、
以下のようにツイートされていました。


生活防衛資金とは?

コスト(手数料)がほぼゼロの
危機に対する『保険』そのものなのです。


そして、
投資信託への投資を長く続けるための処方箋でもあります。


カテゴリ:投資の発想法

おすすめの記事