投資家の感情リスク

18 自分だけは失敗せずにうまく運用できると思っていませんか?

2020年4月18日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

カウンセリングをはじめてお受けいただくお客様に
お答えいただく「マネー問診票」があります。

それが、
あなたとお金の親密度を測るための55の質問~。

今日は第18番目の質問からご紹介しましょう。

18 自分だけは失敗せずにうまく運用できると思っていませんか?



ちょっと上から目線の質問ですね。
すみません。)

上記でいう「失敗せずに」の意味は、

1.損失を発生させずに
というニュアンスがまずあります。

(わざとそういうニュアンスを醸し出しています。)

あなたは、損失が一度も生じずに
長期の資産運用ができると思われますか?

「何を今さら!こんなコロナショックの時に!!」

はい、おっしゃる通りで・・(汗)


カウンセリングの際、

努めて既有の金融商品を、
「いつ」「どこで」「どのくらい」買われましたか?とお聞きするようにしています。

すると、保有する商品の成績が悪い場合に

 

『この商品はマイナスになってしまって・・』
『これはとても大きな損を抱えていて・・』


という言い方をされるお客様がおられます。

あなたはどう思われますか?


マイナスになることや
損失を抱えることが一概に「悪い」ことなのでしょうか?

そうではないですね。)


資産運用とは
突飛なたとえで恐縮ですが、
「スーパーマリオ」のゲームみたいなものです。

 



上がったり、下がったり。
この不規則な繰り返しです。

上がれば利益が出て、下がれば損失を抱えます。

それでもくじけず、
飛び続ける(=運用し続ける)ことで、

「はじめ」の場所より最終的に「高み」に達していれば、
プラスの収益になっているという『長期のゲーム』なのです。


単にマイナス(下がり)の大きさで
金融商品の良し悪しを決めてしまうのは良くありません。

資産運用とは価格変動の『波』との付き合いですから、
(実は)損失と利益はコインの表と裏なのです。


大きく上昇する市場は
物理ではありませんが、
そのまま大きく下落するエネルギーを醸成しているともいえます。

(逆もまたしかりですね。)

突き詰めて言えば、
長期の航海で「損失」や「マイナス」は
予め仕組まれたシナリオの一部であり、

それらといかに上手く付き合うかがあなたの仕事なのです。

 

18 自分だけは失敗せずにうまく運用できると思っていませんか?


2番目の「失敗せずに」の意味合いには、

2.途中で迷ってしまうことなく、
あなたのスタイルを貫けますか・・?というニュアンスがあります。

あなたは『迷わず』運用が続けられますか?

すみません・・、
また上から目線ですね・・(汗)


運用には文字通り『お金』がかかっていますから、
「迷う」のは当たり前です。

「失敗」もあるのが当然でしょう。

幸い、長期投資家にはたっぷり『時間』はありますので、

 

その時間の中で
「迷い」「悩み」「失敗」から何を学べるのか・・。
どう軌道修正ができるか。ここが大切だと思います。


たとえば66歳の人にとって、
もう自分にフィットした『投資スタイル』を探し当てるのは「遅すぎる」のでしょうか?

いいえ。

次世代にご資産を引き継がせることも考えれば、
『時間』はたっぷりありますよ。

一度、ご自身の振り返りのために【55の質問】に答えてみませんか?
あなたの「お金観」が明らかになるかもしれません・・。


カテゴリ:投資家の感情リスク

おすすめの記事