つみたて投資

ふたつの図表から見る「つみたて投資」の真実

2020年3月22日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

下記、ふたつの図表は好対照です。

(いずれの図表も星野泰平さんの書籍、
半値になっても儲かる「つみたて投資」(講談社+α新書)からの引用)


いっぽうは
春真っ盛りの暖かな空気をいっぱい吸い込んで、
すべては順調。

なにしろ10年つみたて投資を続ける中で、
積み立てた投資信託の価格が
右肩上がりで伸びてくれましたから(^^)



でも、実は
このような価格推移は、
つみたて投資にとっては
あまり「おいしく」ありません。

実際のところ、
月1万円、10年間つみたてをして、
投資元本120万円に対して、

あなたのつみたて投資の成績は「167万円

・・思ったほど、増えないのです。


いっぽう、
つみたて当初から空は雲に覆われ、
秋雷が鳴り響き、つむじ風が吹いて温度も下がり、

あなたの投資も真っ逆さまに・・。

ほら、見てください。



あなたがつみたて投資をしている投資信託は、
最初の価格1万円からずるずると下がり続け、

5年目にはついに
2000円まで暴落します(-_-;)

その後、持ち直したものの、
10年つみたてを終わって、
最初の価格 1万円に戻しただけです。

・・ひどくないですか?


でも実際
月1万円、10年間つみたてを続けたら、
投資元本120万円に対して、

あなたのつみたて投資の成績は?

・・「241万円」に。

増えます?

はい、増えます。

 

実際、上記のように、
つみたての途上で
投資信託の価格が『大いに下がってくれたほうが、

つみたて投資にとっては(実は)「おいしい」のです。


価格が下がりに下がって、
周りの人は意気消沈して青白い顔をしているのに、
わたし(つみたて投資家)だけが、

独りこっそり微笑んでいるのはなぜでしょう?

今この瞬間の「損益」には
ほとんど意味がないと悟っているから。

つみたて投資は
『口数』を稼ぐことと、
『価格』がそれなりに戻ってくれることの
合作」だと知っているためです。


下がりに下がって、
安く買える喜びに浸るというのは
ちょっとM気質なのかもしれません。

でも、投資においてはSよりMが健全です。

なぜならマーケットは、挑むものではなく、受容するものだから。

 

投資信託そのものの成績と
あなたのつみたて投資の成績は、
まったく別物になるのですよ・・。

 


カテゴリ:つみたて投資

おすすめの記事