インデックス投資全般

今日は一投資家として。リーマンショックがあったからこそ、今の投資スタイルにたどり着けました

2020年3月16日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

日本では投資について
友人と気軽に話をするという文化がありません。

ですので、
ほんとうは(今回のコロナショックで)
たくさんの人が『痛い思い』をしているのに、

それを共有できる場、
ちょっと愚痴を言える場さえなく、

『みなが独りでじっと耐えている・・』
という状態に陥ってしまっています。

はぁ~( ← ため息。)


 

こんなわたしの例でもよろしければ・・
ということで、
以下わたくしの『痛い思い・体験談』です。

FPとして独立開業するちょっと前から
個別株を買い始めていました。

99年から2000年にかけて
図研、東レ、ショーボンド建設、
楽天、マネックス証券などの株を買いました。

2000年の3月末まで
日経平均株価は2万円をキープしていたのですが、

ちょうどそのころ、
米国でITバブルが弾け、
まずナスダック市場が暴落し始めました。


その影響が日本にも波及し、
たしか2000年の5月頃から
本格的に株価が下がり始めたのです。

わたしはそのとき、思いました。

 

「えっ、なんで?」


わたしが所有する個別株は
間もなくほとんどすべてが『含み損』の状態に・・。


経験が浅いので、

「現実に起こっていること」と、
「わたしの投資のイメージ」がうまく結びつかないことに
なかなか合点がいかないのです。

 

「まだ株を買って間もないのに、
タイミング悪くずるずると株価が下がり続けるなんて、

なんと自分は間抜けなんだろう、運がないんだろう」
と思っていました。

また、自己中心的に
どうして自分だけこんな目に遭うんだろう・・
とも思いました。



現在、わたしが一投資家として
『インデックス投資』を選んでいる理由は、
過去の経験を踏まえ、

わたし自身に才能がないことを、
わたし自身が自覚しているからです。


が、しかし、
たとえ『インデックス投資』を選んでいても
痛い思いは(残念ながら)ありました・・。

わたしは2000年にマネックス証券で
『バンガード・スモールキャップ・インデックス・ファンド』を
購入したのですが、

―この時点ではつみたて投資という手段を択ばず、
『一括購入』しています。

一度2006年~07年くらいで大きく上昇し、
その後リーマンショックが起こったために、

結局2011年くらいになるまで
含み損を抱えたままでした・・。


そのリーマンショック時、
特に2008年の10月、11月頃は
(今から振り返ると)わたしはふつうの状態ではありませんでした。

喉はカラカラに乾き、心臓がバクバク鳴っていました。
いつまで続くか分からない、
底なしの『下降列車』に乗せられているような気分でした。


世の中を見渡すと、

〇 100年に一度の金融危機!
〇 資本主義の試練!
〇 株式市場は死んだのか・・。


といった感じで染まっており、

どこを見ても
【暗い、悲観に満ちた】景色ばかりで
一投資家としてのわたしは、文字通りうなだれるしかなかったのです。

 



 

しかし、今振り返って思うのですが、
(かつ、どんな物事でもそうだと思うのですが、)

 

『痛い思い』をしたときこそ、
それは人にとって
学びのチャンス」となるのです。

 


わたしは08年のリーマンショックを機に、
一投資家として強く、
そして明白に
以下の思いを抱くようになりました。

ふつうの生活者にとっての【投資の方法論】とは、

1.何を買うのかと
2.どのようにお金を入れるのかの『合作』


ということです。


資産運用は何を買うかだけでは完結しません。
どのように資金を入れていくのかと「セット」ではじめて
運用の方法論になり得るのです。

今、

1.広範に分散されたインデックス・ファンドを、
2.『つみたて』で買い続けているあなたは、

正しい方法論を選択されています。

(なので)大丈夫です、

自信を持ってください・・。

そしてそのまま
今の姿勢をキープしてください・・。

 


カテゴリ:インデックス投資全般

おすすめの記事