つみたて投資

5年間で『ファンドの成績』がマイナス50%になっても、『つみたて投資の成績』はマイナス50%にはなりません

2020年3月15日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

まとまったお金でエイヤー!と
一括投資をすることは、

まるで「体操競技」での
1回限りの『演技』のようです。

その投資対象を、
いつ、
いくらの価格で買ったかがすべて。

 

一括投資では、たったひとつの『始点』で
投資の仕込みが決定してしまうのです。


それに対して【つみたて投資】は?

投資の仕込みの時期を
極限まで「分散」させています。

つまり、
二回や三回の資金投入では?

(ほとんど)何も決まらないのです。

つみたて投資家は毎月、毎月、コンスタントに
地味に『演技』を続ける人、ですから、

その『演技』が良いか・悪いかも、
何十回、何百回の執行の中で、
ようやく評価が下ってくるわけです。


今、世間はコロナショックで
たいへんなことになっていますが、

⇒ もしあなたが『つみたて投資』を始めて、
2年、3年くらいしか経っていないのであれば、

現在の投資の【成績】には
ほとんど意味がありません!

なぜなら、まだ『演技』をし始めたところですから・・。

 

30年の全つみたて    → 360回の演技
最初の3年のつみたて  → 最初の36回のみ演技

えっと、あと演技は
『324回』も残っていますよ(^^)


「つみたて投資」では、
毎月が投資の仕込みですから、

4、5年経っても、
「まだまだ仕込みの序盤戦かな・・」くらいの感覚です。


まあでも、今のように『下落相場』が続く中では、
つみたて投資の本質をついつい見失いがちになります。

たとえば、です。

投資信託の値段が毎月毎月どんどん下落し、
この5年間で、

『ファンドの値段』が
10,000円から5,000円に下がったとしましょう。
マイナス50%のリターン!

この場合、
毎月つみたて投資を続けたあなたの【成績】も、
マイナス50%になるのでしょうか?

答え)なりません。

 


もちろん、あなたの【成績】も
(その時点では)マイナスではありますが、
うんとましな『マイナスの数字』になるのです。

なぜだか分かりますか?




投資信託の値段が下がり続ける中で、
つみたて投資を続けるとは、

(同じつみたて金額で)
どんどん買える『口数』が増えていく、
ということに他なりません。


価格が下がるのは?
つみたて投資の【成績】にはネガティブに働きます。

が、
保有する口数が増えるのは?
つみたて投資の【成績】にはポジティブに働きます。

このネガティブとポジティブのブレンドにより、

投資信託の【成績】ほど、
あなたのつみたて投資の【成績】は
下がらないのです・・。

(ここ、伝わっていますか?)


この現象を、
【終わりで大きく儲かる「つみたて投資」】の
著者 星野泰平さんは、

独特の言い方で表現されています。

 

下り坂でもきちんとブレーキがきいて、
ゆっくり下がっていくイメージです。

これも、「つみたて投資には安心感がある」
という理由の一つです。


なるほど・・。


【つみたて投資】は少なくとも、
数年~5年程度で繰り返される
中期のうねり」の中で捉えるべきです。

そして、20年、30年のつみたてでは、
その「中期のアップダウン」が
何度も何度も繰り返されるはずです。

仮に、
つみたて期間の前半で、

下がる、下がる上がる、下がる、下がる上がる」
というふうに、

『下がる局面』を多く経験できたら、
とてもラッキーなことだと思います。

なぜなら、とてもいい条件で
『口数の仕込み』が出来るからです(^^)


カテゴリ:つみたて投資

おすすめの記事