つみたて投資

2008年の金融危機時にいただいた、お客様からの『手紙』です

2020年3月13日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

まさにタイトルのままです。

リーマンショックが起こった2008年11月、
この『手紙』を拝見したときに、
すぅーっと暖かい風が足元から吹き上げるように、

わたし自身が励まされたことを昨日のことのように思い出します。

この手紙が
(誰かのお気持ちを)励ますことにつながれば幸いです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

晋陽FPオフィス カン様

御無沙汰しております。
当方の仕事都合で、大阪でのセミナー等参加出来ず、とても残念でした。

しかし主人曰く
「次、コンサルティングを受ける時は観光も兼ねて
東京に伺えばいいじゃない」とのことでした。

当方は、あれから投資も生活も特に変わりなくやっております。

 



市場のほうは、
長期投資家にとってはまたと無い買い時で
よほどお小遣いの中でさらに買い足そうか考えております。

ただそこはあくまで冷静に、
毎月の積立に徹する事も感情のコントロールになるかな?
とも考えてみたり、色々ですね。

ただ、まだまだ運用を始めたばかりのところですから、
値段が下がってくれることは、正直大歓迎です。

ここで平均取得価格を下げたことで、後々の運用成績に
多少なりプラスになってくれるのではないかと期待しております。

我が家のポートフォリオがミドルリスクだというのも
今は精神的に大きなプラスです。
また、有益な情報をどんどん発信して下さい。

それでは。

 

 


カテゴリ:つみたて投資

おすすめの記事