つみたて投資

売らない、止めない、落ち込まない!

2020年3月10日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

3月9日(現地)の米国株式市場の下落は
おそらく歴史に残る1日となるのでは・・?

今、あなたにすぐ出来ることは、

逐一流れてくるメディアの情報、
SNSの情報を見ないということ。

 

ヒトという生き物は
直近の出来事に
いちばん影響を受けてしまいます。

ダウ平均の下落幅、
マイナス2,013ドルという数字にくぎ付けになり、
ついつい感情的に「動いてしまいたく」なるもの・・。

そして、
「でも、直近の高値(29,000ドル)からの下落幅は
まだ18%くらいだよ・・」

という客観認識がどんどん希薄になってしまうのです。


情報をいくら集めても、
あなたやわたしがいくら深刻に構えてみても、
マーケットのヒステリックな動きが止むわけではありません。

物理的に、
気持ち的にも、
株式市場からできるだけ離れること。

今、起こっているマーケットの激震は
(もしかすると)あなたにとっては初めてかもしれませんが、

市場自体は
これまで何十回、何百回とこなしてきたものです。

 



くり返しになりますが、
まだまだ当クリニックが定義する『暴落』ではありません。

今はまさに、
新型コロナウイルスの蔓延
⇒ マーケットの動揺による恐怖と群集心理的な人々の行動が、

株式市場を過剰に押し下げようとしている『最中』です。

冷めた目で見れば、
ここから、マーケットが貴重な『収益の機会』を
私たち(個人投資家)に提供してくれるわけです。

 

つみたて投資家にとって
千載一遇のチャンス到来はまだまだ「ここから」です。


ですのでくれぐれも、

1.パニックになって、
感情的に投資信託を売ってしまわないように。

 

2.同じく、つみたてを止めないよう。


ここで休止するのは「もったいない」です。
そのまま積み立てを続けましょう。


ツイッターにも書きましたが、
以下、お肉(つみたて投資)のお話です。



12月に100g 500円だった「美味しいお肉」が
1月470円になり、
2月に440円になり、

3月は400円になって、

でもその肉は腐らないし、
保管場所にも困らないし、

長期保存しておくと価格が上がる可能性が大いにあって、
もし4月に320円になったら・・、
私なら多めにお肉を買いたいです。


<あなたはどうですか?>


同じ品質のお肉を安く買えたら喜ぶはずですから、

中身がまったく同じ銘柄の
インデックスファンドがより安く買えることを、
ぜんぜん悲しむ必要はないわけです。

 

3.まして落ち込む必要もありません・・。


むしろ?

むしろ、目立たないようにこっそり微笑んで
喜んでよいのですよ・・(ホントです!)

メディアの表舞台には登場しませんが、
今、世界中で名もないたくさんの【つみたて投資家】が
目立たぬようこっそり微笑んでいるはずです。

それが『つみたて投資の本質』です。

 

時間はたっぷりあります。
マーケット情報より以下の書籍が5倍くらいお勧めですよ。


 

お知らせ)

3月のカウンセリング
ポートフォリオ点検!強化月間

今回のコロナショックは
あなたのリスク許容度をチェックし、
シンプルで継続しやすい運用ポリシーを作り直す絶好の機会となります。

(スカイプでの面談も歓迎!)

 


カテゴリ:つみたて投資

おすすめの記事