ポートフォリオ運用

1億円の人は200万円の人より、複雑なポートフォリオにすべき?

2020年2月22日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

ズバリ伺いますが、

あなたは
『運用資産が大きくなればなるほど、
資産配分も複雑にすべきだと思いますか?』

 

Yes、それともNO?


たとえば仮に1億円の運用資産があって、

 

「ワタシは
全世界株式ETF(VT)1本で運用しているわよ」


というセリフは、

やっぱり
(ちょっと)
物足りないのでしょうか・・?

いいえ、
ご本人が満足されているなら、
それでぜんぜん構わないのです!


TPOではないですが
どうもお金に関することって、

お金の『多い・少ない』によって
「こんなふうに振る舞うべき・・」

「資産はこんなふうに配分されるべき・・」
という刷り込みが、
何気に起こってしまっています。


資産運用業界自体も、

~運用資産が大きくなれば、
より広範に、より細かく、
資産配分を施すべきでしょう。~

 

という無言のメッセージを
投げ掛けているように思いませんか?

 

 

たとえば
1億円もの運用資産があるのだったら、


国内大型株式  4.00%
国内小型株式  3.00%
先進国株式   15.00%
新興国株式   10.00%

米国債券    5.00%
欧州債券    5.00%
豪州債券    2.50%
先進国社債   5.00%
ハイ・イールド 2.50%
新興国債券   7.50%

未公開ETF   5.00%
ヘッジファンド型ETF 15.00%
REIT     10.00%
金(ゴールド) 10.00%


みたいに、

高度に?細分化された
【ポートフォリオ】を組まないといけない、
と思ってしまっているのです。


別に・・、

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)
1本でも良いのですよ。

 

1億円の人と、
200万円の運用資産の人が
たまたま「同じポートフォリオ」であっても
(別に)構わないわけで・・。

あなたのお金の置き方は基本、あなたの自由です。

ポートフォリオ(資産配分)のリスクの大きさって、
何で決まるかというと、

『株式』を何割程度持つかで
おおむね決まってくるのです。


資産配分の決定でいちばん難しいのは、
各アセットクラスを配置する際に、

そのアセットの最近の成績に、
あなたの配分が影響を受けるかもしれないという点。


あるいは、
アセットクラスの比率を決める際、

これから
「マーケットは〇〇な状況になる」という、
予想や主観に影響を受けてしまう点ではないでしょうか。

 


『シンプルな資産配分』とは、

細かい点にこだわり過ぎず、
物事を大所高所からのみ把握するという
骨太の意思表示でもあります。

 


 

たとえば、

A リスク資産を
単純明快に配分したケース

B できるだけ高度化?を目指して
資産配分を行ったケース


このふたつを比較すると、

後者のほうが(前者よりも)
必ず高リターンを獲得できるのでしょうか?


「んー、
そうはならないかもしれない!」ところが、
資産運用の深みであり、また面白さなのです。

あっ、そういえば
160兆円余りの資産を運用する主体が、

基本、たった4つの投資対象で
運用を続けているのをご存じですか?





GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の
基本ポートフォリオ


運用資産が大きくなったからと云って、
ヘンに構える必要はないのです。。


カテゴリ:ポートフォリオ運用

おすすめの記事