つみたて投資

つみたて投資と相性が良いのは、リスク「小」のファンド、それともリスク「大」のファンド?

2020年2月20日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

世の中に『つみたて投資』が広がりつつあるのは
とても喜ばしいことです。

しかしそれと同時に、

つみたて投資をしていれば
「リスクが小さくなって」「安全である」という、
誤解】もはびこっています。


ここでいう、リスクとは
価格変動の振れ幅のことですね。
(= ブレの大きさ。)


冷静になって考えてみれば一目瞭然ですが、

〇 一括で投資をしても、
〇 コツコツつみたて投資をしても、

その投資信託の価格変動の振れ幅(リスク)が
変わることはありません。


たとえば、暴落が起こった瞬間をイメージしてみましょう。

〇 一括で買った500万円分の全世界株式ファンドも、
〇 つみたて投資で積み上げた
500万円分の全世界株式ファンドも、

どちらも同じように
マイナスの影響を受けるわけです。

そうですよね?)


実はつみたて投資の本質は
別の側面から見られるべきなのです。

 

つみたて投資の本質って・・?

つみたて投資は、
投資信託のリスクの大きさを逆手に取り、
それをうまく利用する投資実行法です。

??

 




一括投資だと、
投資してしまったあとに
そのファンドがマイナス18%になっても、

「あーあ」とため息をつくしかありません。

しかしつみたて投資では、
たとえそのファンドがマイナス18%になっても、

それをエネルギーとして
活用することが出来るわけです。

(その月もつみたてを行い、先月より
より多くの『口数』を買えますから。)


ハイ、皆さん、
ちょっとご注目ください。

ここからは
アドバイザーとしてあるまじきことを言います。

ここからは、

あなたが
「どれだけのリスクを取れるのか?」という
リスク許容度をあえて無視します。

・・・・・・

よろしいでしょうか?

以下、A、B、Cのファンドの中で、
つみたて投資に
いちばん向いている投資信託はどれだと思いますか?


前提条件)
〇 すべてインデックスファンド。
〇 運用管理費用はすべて年0.3%。
〇 最低15年はつみたてを続ける。

 

行きますよ!

 世界債券ファンド
 株50、債券50のグローバル分散ファンド
 世界株式ファンド


答えは・・?

C ですね。

(繰り返しです。)

ここでは
あなたのリスク許容度は無視していますよ。

でも、どうして
C 世界株式ファンドなのでしょうか?

答えはカンタン。

もっとも価格変動の振れ幅(リスク)が大きくなるためです。




 

このため、
価格が大きく落ち込んだ際、

つみたて投資では
「口数」を稼ぐ一大チャンス到来というわけです。

また、世界株式インデックスファンドは、
15年、20年で見れば、
その価格が上昇している可能性も「大」ですね。


もちろん世界株式インデックスファンドが、

10年、15年と長期にわたり、
右肩上がりに『一直線』に
その価格が上昇を続ける可能性も否定できません。

そうなると、
つみたて投資には
あまり向いていない投資対象になってしまいます。

なぜなら、どんどん『平均購入単価』が上がっていき、
稼げる『口数』も大して大きくはならないためです。

 

つみたて投資にとっての
ある種の理想形は、

〇 短期で見ると不安定で頼りない。
〇 でも長期で見れば、そこそこ頑張ったね。

という投資対象の状況です。


すなわち、
10年、15年の中でそこそこ大きな下落が幾度もあり、

たとえば10年であれば、
その間120回の購入機会がつみたて投資にはあるわけで、

高値で買った購入機会を、
打ち消してあまりあるほどの安値で買う機会に恵まれ、

結果的には『口数』を大きく稼いで、
かつ「平均購入単価」もそこそこ均されているという状況です。




 

端的に言えば、
大きく下落する可能性を持った投資対象こそ、
(長い目で見れば)つみたて投資に向いていると云えるのです。


あっ、すみません、ココ、誤解されては困るのですが、

「じゃあカンさんは
全世界株式インデックスファンドを無条件に
おススメするんだ。」

というのは、正しくありませんよ。


資産運用という長く長く続く行為の【主人公】は、
いつでもどんなときも『あなた自身』です。

したがって、あなた自身の
「どれだけのリスクを許せるのか?」という
リスク許容度】がもっとも重要なのです。


それが前提にあって、
次にどの投資信託を充てるという話になることを、
くれぐれもお忘れなきよう・・。


以下、つみたて投資の機能の仕方を、
豊富なシミュレーション事例とともに教えてくれる
つみたて投資の決定版とも言える『良書』ですよ。



カテゴリ:つみたて投資

おすすめの記事