投資家の感情リスク

ぼーやんぐさんの秀逸な記事「投資を成功させたいなら、ブログやTwitterはあまり見ない方がいい。」

2020年2月16日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。 

もう、そのまんまです。

ぼーやんぐさんの以下ブログ記事に注目。
投資を成功させたいなら、ブログやTwitterはあまり見ない方がいい。

はい、その通り・・。

投資を長く続ける秘訣のひとつに、
投資との「距離の取り方」があります。

ほどよい距離、
いや、できるだけ「遠めの距離」を取っておいたほうが
結局(同じスタンスで)投資は続けやすくなるのです。

なので投資をすでに始めているのなら、
あまりブログを見過ぎないこと。
(要は、情報を入れすぎないことが肝要。)


が、しかし。

投資を始める際には一所懸命に情報収集し、
(そのおかげで)正しい選択ができた面もあるわけで。

このあたりの微妙な加減を、
ぼーやんぐさんはひと言で喝破されています。

投資をはじめたら、入手する情報は絞るべき
投資をはじめる前はたくさんの情報が必要


はい、その通りです。

始める前は、もう一所懸命ブログ見る。
コレ正しいです。

でも、投資を始めたら、一所懸命ブログ見ない。
これも、正しいのです。


勘違いしやすいのは、
自分の「仕事」と「投資」を『重ねて』見てしまうこと。

(仕事と同じように、)投資も
一所懸命いろいろ勉強し続けたほうが、良い。


と思ってしまう人が多いのです。

ここ、一回深呼吸願います(^^;




仕事はたしかに自己研さんの部分がありますが、
投資で私たちが相手にしているのは、
マーケット」です。

そう、投資の本質は『他力本願』であるわけです。

自分ばかりが頑張り過ぎても、
市場を相手にする投資では
空回りしてしまう可能性が高いのです。


ぼーやんぐさんは記事内
情報過多の弊害を次のように記しています。

自分にあった投資方法を決めたにも関わらず、
ブログやTwitterで
他の投資家が自分よりも高いパフォーマンスを上げていると
焦ってしまったり、損をしている気分になります。

そして、投資戦略を無視して
パフォーマンスの良いファンドや銘柄に手を出してしまうんです。

 

はい、
「となりの芝生は青く見える」現象ですね。

投資の場合、
その良し悪しが「数字」となって表れるので、

あなたらしい『投資のやり方(スタイル)』という
理念に比べると、

「数字」の華々しさがたいてい勝ってしまいます。

しかも私たちは
直近の、華やかな「数字」に弱いのです
(-_-;)


さらに、
ブログやTwitterは基本的に

新しい情報をスピード早く
「塗り替えていく」メディアなので、
雑多な情報がどんどん『上書き』されます。

そうすると、
あなたらしい『投資のやり方』を決めた。
→ その結果、この投資信託にしたよ。

というプロセス、
貴方らしい「スタイル」そのものがどんどん下層に追いやられ、
なんだか古臭い雑巾みたいに思われてしまうのです。

そんなことないですよ!


 

ぼーやんぐさんも書かれていますが、

結局、なんとなく良さそうという心持ちで
他人のやり方や、
他人が持っている銘柄・ファンドに乗り換えてしまうと、

自身が『腹落ち』して決めたわけではないので、
成績が悪くなったときに、
「持ち続ける」のが難しくなってしまうのです。

(その結果、また他の銘柄やファンドに乗り換えてしまう・・)

 

「じゃあ、カンさん。
投資とほどよい距離を取るにはどうすればいいのですか?」


忙しくすることです!

毎日24時間の中で、
毎月の生活の中で

できるだけ「家庭」「仕事」「趣味(プライベート)」で
すべての時間を満たすよう努め、

投資の存在を
脇へ脇へと追いやるよう心掛けてください。

投資信託の価格というものは、

あなたが逐一それを見ても、
ほとんど見ていなくても、
同じようにアップダウンするわけですから。

 


極端な例ですが、
チャールズ・チャップリンは88年生きましたが、

私たちは彼の伝記映画を
わずか「3時間」くらいで見てしまうわけです。 

つまりは長~い尺で、彼の生涯の大事なところだけを最大公約数的に観ている。

投資を長く続けることはもちろん重要ですが、
四六時中 懸命 である必要はぜんぜんありません。

「あっ、ワタシ投資しているんだわ」と意識するのは、
一年に一度くらいでも良いわけです。

(ここが、他力本願のよいところでもあります。)


あなたの意識の中では、
3ヶ月に1回くらいしか市場は開かず、
投資信託の値段も1年に4回くらいしか付かず、

そんなこと気にしてても仕方ないから、
放っておこう(←明らかに大ざっぱですね。)

そして放っておいたらもう7年くらい経っていたよ。
というくらいの心境で、
投資とは付き合っていくべきでしょう。


最後に、
ぼーやんぐさんもおっしゃっていますが、
「情報を入れるのが良くない」ということではなく、

あなたの「投資スタイル」を
確認&補強できるような主旨の「書籍」を丹念に読むことは、
むしろ好ましいことだとわたしも思います。

手前味噌ですが、
以下「ベーシック」に拘って
極力噛み砕いてお話ししている「超入門書」ですよ。


 


カテゴリ:投資家の感情リスク

おすすめの記事