100年ライフプラン

プランCに備えよう!

2020年1月31日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

清涼飲料水、ではありません。
どちらかというと、それは苦みを帯びたビール。

「えっ?」
人生って、そんなものだと思いませんか?


少なくともわたしは、
十九や二十歳の頃に
なりたかった自分にはなれていません。

「夢は必ず叶う。」ということばを聞くと、
どこか冷めている自分を発見します。

多少厭世的に聞こえるかもしれませんが、
50代になって思うのは、

 

人生の中身って実は
「プランB」とか「プランC」ではないかということ。

 

??

「こんなふうになりたい!」
「こんな自分になれれば!」が叶うのがプランA」です。

 

〇 片思いだった子と両想いになれた。
〇 第一志望の学校に受かった。

〇 自分が希望した会社に入れた。
〇 もっとも好きな分野が自分の職種になり、
かつその分野で世間的に認められている。

〇 憧れのイメージの人と一緒になって、
夢に描いたような環境(家・友人関係)を手に入れた。

 

なんて、
ほとんどありませんよねw

 



現実に起こるのは・・、

 

〇 片思いだった子とは何もなかった。
〇 第二(第三)志望の学校になんとか滑り込んだ。

〇 自分が希望した会社ではなく、
内定をもらった会社にたまたま入った。

〇 三度目の職種が、
偶然いちばん長く携わる分野(仕事)に・・。

〇 腐れ縁を感じた友人たちと長年一緒にいる。


誤解を恐れずに言えば、

「あきらめたコト」の数だけ、
人はオトナになれるということでは?


仮に、です。

あなたが経済的に
プランA」にいるなら、
それはそれで素晴らしいことです。

収支が健全、資産もそこそこあって、
順風満帆なファイナンス状況であると云えるでしょう。

ところが、
お金の浮き沈みはある日突然やって来たりします。

そうしたときに、
お金の「プランB」「プランC」に
柔軟に切り替えが出来るか否かって意外に重要。


たとえば毎月の支出。

「(支出って)金額ベースでこれくらい
落とすことがあるかもしれないな。」

「(仮に)削るところがあるとすれば、
ココからかな?」と、

 

日頃から毎月の支出についてイメージしていますか?


仮にマネーの「プランB」に
移行する必要が生じたとします。

具体的には
住まう場所を変え、

乗り物を替え、食べ物、飲み物を換え、

その他さまざまな出費について、
一部を換えたり、止めたりする。

(つみたて投資を行っている人は、
つみたて金額を下げる、つみたての休止を
余儀なくされるでしょう・・)

 




仮に「プランB」「プランC」に移っても、

「まあそれも人生じゃないの?」と、
能天気に思えるかどうか。

深読みすれば、人生の面白みは、プランAが崩れたあとにやって来るのかもしれませんし・・。

 

では、ご資産的に「プランB」に備えるとは?

 

〇 生活防衛資金の実際の使用。
〇 プラス、安全資産の取り崩し。

「プランC」に備えるという意味では?

 

〇 リスク資産の一部取り崩しも有り得ます。
〇 あるいは、マイホームの売却ということもあるでしょう。


経済的な「ダウンサイズ」を経験するのは、
恥ずかしいことでもなんでもありません。

それは人生のあり様の一部なのです。

大切なことは過度に悲観せず、
変化に適応することの中に「小さな楽しみ」を見出せるかどうか・・。
(思いもかけないことが起こるのが人生の本質なのです)

 

長い暮らしの中で一度でも
経済的に厳しい時を経験しておくことには
意味があるとわたしは思います。

なぜなら「プラン変更」に対応がしやすくなるためです。


カテゴリ:100年ライフプラン

おすすめの記事