インデックス投資全般

日本株にサヨナラ、全世界株にこんにちは。と言えるかどうか?MAXIS全世界株式(オール・カントリー)ETFについて

2020年1月22日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

1月9日、
ひとつのETFが東京証券取引所に上場しました。

「MAXIS全世界株式(オール・カントリー)上場投信」
銘柄コードは2559です。

これまで国内市場に
「全世界株式のETF」は存在していなかったので画期的と云えるでしょう。

なお、当該ETFを構成する
日本株のマザーファド、
先進国株のマザーファンド、新興国株のマザーファンドは、
投資信託である eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)と同じです。

つまり?


つまり、
eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)の
ETF版ということですね。

特徴がいくつかありますので挙げていきましょう。

 

 

1.画期的な低コスト

 

当該ETFの運用管理費用は税込でナント 0.0858%!
eMAXIS Slimオール・カントリーよりも低く設定されており、
おそらく米国上場のバンガード全世界株式ETF(VT)を意識しているのでしょう。

 

2.投資信託等の二重課税調整制度の対象となりそう

 

日本取引所グループのサイト(PDF)にも、
「投資信託等の二重課税調整制度の対象となる可能性の高いETF・REIT」として明記されています。

この、二重課税調整っていったい何なの?

 

はい。
これまで海外上場のETF等については、
外国税額控除を受けることで、

配当、分配金の二重課税の問題は
ある程度解消することができました。

しかし、分配金を出す国内設定の投資信託や
国内上場のETFにはその手段がなかったのです。


「それでは不公平だろう・・」ということで
今年(2020年)から、

分配金を出す国内設定の投資信託や
国内上場のETF、REITなどの
外国での徴税分が自動的に調整されるようになります。

3.日本人にとって新しい「投資概念」

 

日本の証券取引所にとって主要な「商品」とは?
もちろん日本株式(個別株)です。

2001年に日本にETFが登場した際、
このツールによって
日本人のグローバル投資が促進されるという期待がありました。


わたしは長年日本のETFマーケットをウォッチしていますが、
上記の期待はむなしく萎んでしまっています・・。

市場規模から云うと
国内上場のETFのほとんどは
『日本株』で占められているのです。

MAXISオール・カントリー(2559)は
日本を含む先進国23ヵ国、新興国26ヵ国に投資を行うビークルであり、

 

「日本株への投資は7%台のいっぽう、
ほとんどすべてを海の向こうの株式会社の保有に充てる」という
コンセプトを持ちます。



 

ご承知の通り、
こんにち東京証券取引所の売買代金の約6割
外国人投資家によって占められています。

この方々はETFを買う場合(特に外国株式ETFの場合、)
わざわざ日本の取引所で買わなくても
流動性の高い米国市場で購入が可能です。

ですので、
頼みの綱は日本の個人投資家ということになります。

しかしながら、どうもこの方々も
『日本株信仰』が強いといった印象です。

そして何より、
レバレッジ型ETF、インバース型のETF等が
ETFの花形として君臨してしまっているのが問題です。

(短期のトレードとしては面白いのでしょうが。)


今回上場した
MAXIS全世界株式オール・カントリー(2559)は

国内の取引所に慣れ親しんだ投資家が、
『日本株にサヨナラ、全世界株にこんにちは。』と言えるかどうかの 試金石となるでしょう。

以下、2559の上場来の売買高です。
(まだ盛り上がりには欠けるようですね・・)



画像元:ヤフーファイナンス

 

 


カテゴリ:インデックス投資全般

おすすめの記事