イベント・メディア関連

『投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019 結果発表!』~ eMAXIS Slimの圧勝でした。~

2020年1月19日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

1月18日()、東京・大井町
「きゅりあん小ホール」にて
投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019の『結果発表』が行われました。

 

以下がその【順位】です。
(括弧内の数字は有効獲得ポイント)

ジャジャ~ン!


 
【わたしの感想】

今回はもう「eMAXIS Slim シリーズ」の圧勝といってよいでしょう。

順位の通りなのですが、
「米国株式」より「全世界株式」が高い評価を受けたのは、
アワードに投票したブロガーの皆さんの『バランス感覚』が働いた結果だと思います。

アメリカ株は地合いが強いけれど、それは「今」を見た状況に過ぎない。
「長期」を見据えた場合、結局『何がどう起こるかは分からない。』

 

不確実な未来に対しては可能な限り、
「分散投資」を行っていたほうがよいという方向に傾いたのではないでしょうか。

ただし、です。
1位の「Slim オール・カントリー」とて株式100%です。

著名ブロガーの水瀬ケンイチさんは
自分のリスク許容度を知って資産の分散を行うことの必要性を説いています。

「投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2019」上位のファンドは優秀ですがうまく「活用」したい

アワード全体を振り返ってみますと、
昨年同様、eMAXIS Slimシリーズが謳う

「業界最低水準の運用コストを
将来にわたって目指し続ける」
という姿勢は
多くの投信ブロガーに支持されたということでしょう。


また、今回は第7位に
グローバル3倍3分法ファンド】がランクインしています。

当ファンドは先物を用いてレバレッジを掛け、持ち高としては300%(3倍)の
資産運用を行います。

 

ただ、債券、株式、REITとすべて「レバレッジ」を利かせるのではなく、
300%の持ち高のうち、
先進国株式(20%)新興国株式(20%)国内REIT(20%)先進国REIT(20%)は
『現物運用』です。計80%!

残りの220%について、
国内株式(20%)、国債(日本、外国の国債で200%)に投資し、
いずれも『先物』を用いた運用になります。


 

最大のポイントは、
株式・REITと、債券先物の相関関係の低さ、
つまり「値動きが異なる度合いが高い」ことにあるのでしょう。


株式、REITの現物で80%投資していますから、
ハイリスク資産が上昇する際はそれに追随しやすく、

逆に、株、REITが売られる局面では債券先物が上がることで
リスクもうまく制御できているという具合です。


ただ、個人的にはやはり、現物80%以外の『20%』を、
220%に膨らませて(=レバレッジを掛けて)いるということなので、

これって・・レバレッジ11倍ですよね(ちょっと不安です)

この『先物』を使っている部分については、
保有日数が長くなればなるほど【自然減価】していくのが気になります。

 

最後に、
naogoalさんのツイートを・・。


投資を長く続ける上では、
リアルな投資家同士の触れ合いも大切なのですね。

 

今回も運営委員のひとりとして
手作りのイベントに参加できて本当によかったです。

投票していただいたブロガーの皆さん、熱いコメントを届けてくださった個人投資家の皆さん、誠にありがとうございました!


カテゴリ:イベント・メディア関連

おすすめの記事