その他・雑記

インターネットに感謝した日

2020年1月12日


こんにちは。
投資信託クリニックの カン・チュンド です。

生まれてはじめてインターネットに触れたのは、
たしか1997年に入ってからだと思います。

当時流行っていた「インターネットカフェ」なるものに行き、
ヤフー(Yahoo! JAPAN)のホームページの四角い枠内に、
さまざまな検索のワードを入力しました。

 

すると実にさまざまなホームページが出てきます。
各サイトにはたいてい
リンク集』と呼ばれるページがありました。

さまざまなリンクをクリックすると、
そこからまったく違うホームページに移動することができたのです。

(右手の路地を真っすぐ進んで左に折れて、
また右に曲がっているうちに、
まったく知らない道路に出ちゃうような感覚でしょうか・・。)

 


あるとき日本語のホームページから、
英語のホームページへジャンプしようとする時に、

(今となっては恥ずかしい話ですが)
すぐに画面が現れるかどうか不安になりました。

(もしかしたら、
英語圏のホームページを見るためには、
何かしらの確認や、
認証作業があるかもしれないと思ったのです・・(^^;)


画面上の、
例の「砂時計」らしきものが
何度もくるくると回転し、

アメリカの不動産業者の団体である
全米不動産協会のホームページが少しずつ映し出されました(当時わたしは不動産の仕事をしていたのです。)

英語の羅列が並んでいるのを見たとき、
わたしは自分が空間を移動したような気分になりました。

『インターネットには距離的な概念がない。』
はじめてそう認識したのです。


その後、はじめてパソコンを買いました。
たしかコンパック(COMPAQ)のこんなタイプのものでした。

 

そのうちわたしはFPとして独立し、
仕事でもパソコンが必要になって
生まれてはじめてホームページを作ってもらいました。

でも、最初のホームページは
HTMLの形式がぐちゃぐちゃで使いものにならず、
いそぎ2代目のホームページを作りました。

それが2000年の終わり頃です。


わたし自身「晋陽FP事務所」として、
お客様にインデックス投資をお勧めしようと意欲満々でした。

が、肝心のお客様はぜんぜん集まらず、 
(事業は)もう無理かもしれないと弱気になっていたのです。

わたしにとって唯一の希望が、
ヤフーの「カテゴリ」に登録されることでした。

 

当時の零細自営業者、
とくに集客を「ホームページ」に依っていた事業者にとっては、
ヤフーに『カテゴリ登録』されることは、
生命線だったのです。

 

にわかには信じてもらえないかもしれませんが、

「Yahoo! JAPAN」は当初、
サーファーと呼ばれるホームページ登録の専任スタッフが
実際にホームページをその目で見て内容をチェックし、

ヤフーの登録サイトとして登録するか否かを
決定していたのです。→ なんと牧歌的な時代!

(まだグーグルのサイト検索はほとんど知られていませんでした(^^;)


ちなみに
初期の「Yahoo! JAPAN」トップページはこんな感じ。

 

 

※ カテゴリとして「ビジネスと経済」がありますね。

わたしはホームページの登録申請を何度か行いました。
そしてようやく、
2001年の秋ごろに「カテゴリ登録」されたのです!

 

その後、本当に「ホームページを見て・・」
というお客様が現れるようになりました。

インターネットの力をリアルに感じたのは、
このときがおそらく初めてでしょう。

もし自分のサイトが「カテゴリ登録」されなかったら、
今ごろわたしは別の仕事に就いていたかもしれません。
(インターネットにはほんとうに感謝しかないのです。)

 


カテゴリ:その他・雑記