確定拠出年金(iDeCo・企業型)

企業型DCで、eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)を作る方法

2019年12月11日


こんにちは。
投資信託クリニック代表の カン・チュンド です。

たとえば8年前、
わたしは相談者さまに対して、こんな台詞を述べていました。

 

「谷さん、スゴイですね。
企業型DCのラインナップだから、
こんなに運用管理費用が安いインデックスファンドが
品ぞろえされているのですよ。」

 

当時、企業型DCのコストの低さは、
ふつうに特定口座を使って運用しているわたしにとっては
『憧れの的』でした。


時は移り、今、企業型DCのラインナップは逆に、
特定口座やつみたてNISAの『品ぞろえ』と比べ、
見劣りするようになっています。

また、企業によっては(DCにおいて)

 

〇 インデックスファンドそのものが皆無
〇 新興国のラインナップなし
〇 日本株式はなぜかアクティブ型のみ
〇 バランスファンドは古い考えの「第一世代」


など、
「もう時代遅れでしょ」と言わざるを得ない
ラインナップのところも散見されます。


 

 

たとえばこんな【具体例】

〇 あなたがそこそこ投資の経験があり、
〇 生活防衛資金、投資に回さない安全資金を潤沢に持ち、

〇 マーケットの暴落時には
運用資産が「-50%、-60%程度」になっても構わないという
リスク耐性をお持ちの場合、

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」は
有力な投資対象のひとつとなります。


上記ファンドは、
『特定口座』プラス『つみたてNISA』で購入可能です。

が、わたしが知る限り、
上記ファンドはiDeCoでも、企業型DCでも
未だ扱われていません(19年12月現在)

たとえばあなたの会社の企業型DCにおいて、

 

〇 日本株式インデックスファンド
〇 先進国株式インデックスファンド
〇 新興国株式インデックスファンド は、

品ぞろえされているとしましょう。

 


すでに『特定口座』と『つみたてNISA』で
「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」を
積み立てているあなたは、

企業型DCで
ポートフォリオを「どう」作るかがネックでした。

この場合、自分で
「eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)」を作るという選択肢があります。

??

当該ファンド『月次レポート』を見ると、

資産構成として、
国内株式と先進国株式と新興国株式の
『比率』が記されています。



企業型DCの3つのインデックスファンドの
毎月の掛金割合を、

全世界株式(オール・カントリー)の国地域別「比率」と
おおよそ同じにしてあげるのです。


その後、年に1回『リ・バランス』の機会を設け、

たとえば1年後の12月に

国内株式  7.0%
先進国株式 78.2%
新興国株式 14.8%

というふうに、
全世界株式(オール・カントリー)の
国地域別「比率」が変わっていたら、

 

1.それに合わせて『毎月の掛金比率』を換える

2.積み上がった資産ベースでも
おおむね上記国地域別「比率」となるよう『リ・バランス』を行う。


このふたつを続けることで、
特定口座、つみたてNISA、企業DCという「3つの入口」で
おおむね同じ型のポートフォリオを維持させることが可能になります。

 




全世界株式インデックスは、
いくつかの投資対象を組み合わせ
「固定比率」のポートフォリオを維持させるやり方と違って、

国地域の組入れ比率が・自然変遷していく】タイプの投資対象なのです。

(その心は? マーケットの変化をそのまま取込み続ける運用です。)


カテゴリ:確定拠出年金(iDeCo・企業型)

おすすめの記事