業務連絡

カウンセリングを受けられるお客様の詳しい『属性』について

2019年12月3日


こんにちは。
投資信託クリニック代表の カン・チュンド です。

あなたの印象とはちょっと違うかもしれませんが、


〇 フツーの会社員のための
〇 フツーの資産形成を支援する場所。
それが『投資信託クリニック』です。


「えっ、ホントに?」と思う人は、
よくあるご質問』の3番目をご覧ください。

こんな質問を掲げています。

カウンセリングを利用する人の【属性】について教えていただけますか?


意外に思われるかもしれませんが、
当クリニックの主軸のお客様は
1970年代生まれ」の方々です。





質問の「回答」では、
普段カウンセリングを受けられるお客様の
男女別、年代別、都道府県別のグラフ、

お客様の平均手取り月収、
平均のご資産額まで完全に開示しています。

(なお、月収、資産額はあくまで「中央値」ですので
それより低めの人も(もちろん)たくさんおられます)


いつも「へえ~」と反応をいただくのが
この都道府県別のグラフです。




実は『個別カウンセリング』の
およそ36%の相談者さま
関東圏以外のお客様なのです。

遠方のところ
わざわざご来所いただく場合もありますが、
傾向としては『Skype(スカイプ)』を利用される方が多いです。




たとえば
スカイプの「画面共有」という機能を利用すれば、

ワード、エクセル、PDF、諸々のサイト情報を、
互いが画面上で見ながら、
コンサルティングさせていただくことが可能になります。

(ケースによっては「画面共有」が利用できない場合もあります)


日本ではまだ
「純然たるお金の相談業」が普及していないため、

私たちは金融商品の購入先でない「第三者」に、
お金を支払って自身の資産運用の「相談」を行うことに、
まだ・慣れていない傾向があります。

ただ、あなたがしがらみのないアドバイザーをうまく活用し、
効率的、低コストな資産運用を実現できれば、

費用対効果の点で
「カウンセリングを利用して良かった」と思えるかもしれません。

本年、
オフィス(有楽町)での『カウンセリング』は
12月20日(金)が最終日となっております。


追記)

当クリニックは『時間ベース』の
カウンセリングに特化しているため、

月2万円のつみたて投資のご相談も、
8億円のご資産をお持ちの方のご相談も
サービス料金は同じです。

つまり?

すべての相談者さまは常に等しいのです。


 


カテゴリ:業務連絡

おすすめの記事