ポートフォリオ運用

ポートフォリオのリスク、リターンの数字について教えてください!

2019年11月7日


こんにちは。
投資信託クリニック代表の カン・チュンド です。

夢見がちな、
あるいは悲観的すぎる投資家に、
冷めた目線で『現実』をお伝えすること・・。

それがわたし(アドバイザー)の役割なのかもしれません。

たとえば、
広く分散させることは(技術して)重要です。

が、世界株式(50%)プラス世界債券(50%)という
ポートフォリオであっても、

2008年のリーマンショックのような『暴落』に襲われたら、
本当にマイナス35%くらいになります。

あっ、
ここもっと驚くところですよ!

上記↑単なる数字ではなく、
あなたの大切な資産の毀損率なのです。


また『暴落』とまではいかなくても、
たとえば、

世界株式(50%)プラス世界債券(50%)の
ポートフォリオで、

「マイナス8~10%程度」の『急落』を経験することは、
たまにあります。

この「たまに」ですが、
数年に一度程度とイメージしておきましょう。

実は、
世界株式(50%)プラス世界債券(50%)という
ポートフォリオは、

世界経済インデックスファンド』を当てこんで
記したのですが、

以下『世界経済インデックスファンド』の直近1年の、
ファンド価格の動きを表すグラフです。



画像元:三井住友トラスト・アセットマネジメント


1年弱前、
18年の12月4日
当ファンド価格は 22,200円でした。

それからわずか1ケ月後・・。
19年の1月4日に、
当ファンド価格は20,321円まで下がったのです。

およそ「8.5%のマイナス」!


もちろん、上記ポートフォリオで
マイナス4%、マイナス3%程度の下落は、
「しばしば」起こります。

これが(ひとつの例ではありますが、)
リスクを負った資産運用の
マイナス方面での現実的な期待値なのです。

整理しておきましょう・・。

 

○ 世界株式(50%)プラス世界債券(50%)

最悪・・マイナス35%くらい
たまに・・マイナス8~10%くらい



えっ、じゃあカンさん。
世界株式(100%)だとどうなるんですか?

 

○ 世界株式(100%)

最悪・・マイナス50%くらい
たまに・・マイナス13~15%くらい

 

です。

ホントです。

これが、
マイナス方面での現実的な期待値なのです。


つまり?

つまり、株と債券のバランスファンドより、
全世界株式インデックスファンドのほうが何となく良さそうと、
フィーリングで投資信託を決めてしまうのではなく、

 

マイナス方面での
現実的な『期待値』をしっかり把握して、

それがあなたの運用に相応しいか否かを
見極める必要があるのです。

 

 


 

あのー、カンさん。肝心の
プラスのほうの『期待値』は?

はい、すみません(^^ゞ

主に先進国の株式市場ですが、
過去200年間の株式市場そのものの結果リターンは
プラス6~7%という数字が残っています。


わたしは全世界株式の期待リターンを
プラス6%」と見ています。


世界債券のほうは
その半分の「プラス3%」と
言いたいところですが、

先進諸国でのゼロ金利の進行もあり、
プラス2~2.5%」程度に
期待リターンが低下していると思われます。

ですので、
世界株式(50%)プラス世界債券(50%)の
ポートフォリオの期待リターンは、

プラス4~4.25%」と見ています。

これが、
プラス方面での現実的な期待値でしょう。

 

○ 世界株式(50%)プラス世界債券(50%)

期待リターン・・プラス4~4.25%程度

 

 

○ 世界株式(100%)

期待リターン・・プラス6%程度

 


あっ、念のためのご注意です。

「プラス4%」の期待値と聞いても、
誤解しないようにしてくださいね。

毎年毎年プラスで、かつ4%程度、
あなたの資産が増えていくわけではありません・・。


投資信託を用いた運用では、
毎年毎年、
かなりデタラメな「結果リターン」を残しながら、
ファンドは運用を続けることになります。

たとえば、です。
あくまで『イメージ』としてですが、

世界株式(50%)プラス世界債券(50%)の
ポートフォリオでも、

毎年毎年の「結果リターン」は
以下のように
大きくブレるのがふつうなのです。

 

1年目 マイナス9%
2年目 プラス8%
3年目 プラス11%
4年目 マイナス5%
5年目 プラス6%
6年目 マイナス18%
7年目 プラス20%
8年目 プラス2%
9年目 プラス19%
10年目 プラス4%

 

ホントです・・。


カテゴリ:ポートフォリオ運用