投資の発想法

資産運用は昔、お金持ちのためのものだった?

2019年11月2日


こんにちは。
インデックス投資アドバイザーの カン・チュンド です。

わたしの記憶によれば、
野村證券がメインサービスのひとつとして
「つみたて投資」と言い始めたのは、

リーマンショック後のことです。

投資信託「つみたて」の最低つみたて金額も、
最初は「1万円」でしたが、

5000円 → 1000円単位へと、
徐々に引き下げられていったのです。

あの、野村證券でも・・。


たしかに、かつて資産運用は
資産家のためのものでした。

(だいたい運用会社の起源が、
ヨーロッパの貴族の資産管理でしたから。)

歴史の大部分において、

「つみたて投資」の必要性を説く人は
微塵もいなかったのは事実でしょう。

 

なぜなら資産家とは、
まとまったお金(ストック)で
リスク資産を買う人たちのことですから。

 


資産運用のアドバイス業務はどうでしょう?

もっとも進んでいる米国でさえ、
アドバイザーの多くが、
顧客に「最低・運用資産額」の基準を設けています。

それがだいたい
金融資産 20万~25万ドルくらいなのです。
2000万円から2500万円!(1ドル100円換算)

 

要はほんのひと昔前まで、
資産運用は
『お金持ちの人』のためのものだったのです。

 

 

 

モダンポートフォリオ理論も、
素晴らしい金融商品も、

すべて「閉じられた空間」の中で共有されていたに過ぎません。


では、
資産運用がお金持ちのものでなくなったのは
一体『いつから』なのか?

・・21世紀に入ってからでしょう。

 

規模の利益がモノをいう、
あるいは
閉じられた紹介、縁故サークルであった
運用の世界が、

テクノロジーの進化によって大きく変化したのです。

 

たとえば、
ETFやインデックスファンドという『道具』も、
テクノロジーの一種とみなすことが可能です。

 

このような商品の普及が
投資の民主化に貢献しているわけですから。


また、米国では
WelthfrontBettermentといった
新興の金融機関、
いや、金融のテクノロジー企業が登場しています。

 

上記会社はいわゆる投資一任契約による
「お任せ運用(ロボアドバイザー)」を行う会社であり、
アメリカで人気を博しています。

両社を比較するこちらのような記事が
複数あります。

 

両社とも、
〇 ETFを用いて
〇 高度な資産配分を組み、
〇 メンテナンス(適切なリバランス等)までを含めて、

 

 

運用資産の 0.25%のフィーという、
画期的な料金体系を打ち出しています。

(たとえば Welthfront の
最低投資額は500ドルからです!)

貴族の資産管理から始まった資産運用業は
ついに「大衆産業」になったと云えるでしょう。

 

わたしのようなファイナンシャルプランナーも、
このような状況下で
「何を売りにするのか?」を
真剣に考えないといけないでしょう。

おそらく、
技術的なアドバイスだけでなく、
精神面で相談者さまに寄り添える
カウンセラーの役割に近づいていくのだと思います。

 

以下、わたしが目標としている『アドバイザー像』です。

 

相談者さま 

「今年は何をすればいいですか?」

アドバイザー

「何もする必要はありません」

 

<<< 次の年 >>

相談者さま

「今年はどうすればいいですか?」

アドバイザー

「今年も何もする必要はありません」

 

<<< また次の年 >>

相談者さま 

「今年こそ何をすればいいですか?」

アドバイザー

「今年も何もする必要はありません」

 

 

相談者さま

「では、あなたはいったい何のためにいるの?」

アドバイザー

「はい、お客様に、余計なことをさせないようにするためです」


カテゴリ:投資の発想法

おすすめの記事