投資信託あれこれ

繰上げ償還されたFPバランスファンドってご存じですか?

2019年10月31日


こんにちは。
投資信託クリニック代表の カン・チュンド です。

 

これまでたくさんの投資信託を見てきました。

「おぉ、これは!」と思ったファンドも
(もちろん)たくさんありまして・・。

そのうちのひとつが
FPバランスファンド』です。

当ファンドは2009年に運用をスタートしました。

独立系のFP会社
「FPアソシエイツ&コンサルティング」がファンド設計に関わり、

資産配分や投資対象の選定についても、
投資助言を行っていました。

なんで「過去形」?
(運用会社は当時の三菱UFJ投信です)

 

 

ざっくりですが
当該ファンドの『ポートフォリオ』は、

〇 債券50%(日債20 先債30)
〇 株式 35% グローバルリート5%
 コモディティ 10% というものでした。

(当該ファンドの「安定成長型」のタイプです。)

株式内の新興国株式を
オーバーウェイトする配分は当時画期的で、

まあ、リートとコモディティの割合は
逆のほうが良かったと思いますが、

運用管理費用も当時0.6825%(税込)であり、
十分低いコストで、
このバランスファンドは期待できるかもと思っていたのです。

ところが・・
7年後の2016年、
このファンドは「繰上げ償還」されてしまいます。

【繰上げ償還】って?

運用会社の都合で
約束した期日以前に、
ファンドの【運用】が終了してしまうこと。

 

たとえるなら、
中央線で高尾まで行くつもりだったのに、

「お客さん、スミマセン、
この電車、三鷹止まりになったので、降りてください。」
と言われるようなもの(-_-;)

 

※ 運用期間が「無期限」のファンドを選んでいたら、
約束の期日というのは勿論「無期限」なのですよ。

ここから導かれる教訓のひとつ目は?

そのファンドの質が
そこそこ良いからと言って、

そのファンドが長年
運用を続けてくれるとは限らないということ。

 

残念ながら
投資信託の業界も
「ビジネスライク」に動いています。

さまざまな製品、
その他サービスと同じく、

投資信託もある程度【売れてくれないと
ファンドの作り手も、ファンドの使い手も、
みな困ってしまうわけです。

「じゃあ、カンさん。
繰上げ償還の憂き目に遭わないためには?」

教訓のふたつ目。

純資産額が少ないファンドは避ける。

これに尽きます。

 

あなたは投資信託を買う前に、
運用会社のサイトで、
そのファンドの最新情報をチェックしていますか?

★「純資産総額」・・ ← ここの数字を見るのです!

※ 「純資産額」は、
最低『30億円』は欲しいところ。
『100億円』あればなお安心でしょう・・。

 

そして出来れば、
最新の『月次レポート(運用レポート)』も見て、

「純資産総額」の数字だけでなく、
「純資産総額」の推移も、チェックしたいもの。

・・・(時系列で見て)
「純資産額」が右肩下がりで減ってきていないかどうか。
ココをチェックするわけです。

 

 

結局、運用会社もビジネスなので、

投資信託の【口数】、
そして【純資産額】が少なくなり、

ファンドを効率的に運用することが
ムズカシクなってしまったら、
(=赤字を垂れ流すだけの存在になってしまったら、)

運用会社がファンドの運用を、
中途で【終わらせることもありますよ!】
と言っているのです。

 

たとえば、上記のようなことは
ファンドの『約款上』で、

・・当該ファンドは
総口数が10億口を下回ると
繰上げ償還される場合があります。・・

みたいに書かれているのですが、

★ ここでの『注意点』は、

総口数が一定口数を下回ると、
必ず「繰り上げ償還」されるわけではないこと。

 

結局のところ、

繰上げ償還する、
しないの最終判断は、
【運用会社】に委ねられてしまっているのです。

この点、
投資信託の「一大リスク要素」として

私たち(ファンド保有者)は
しっかり理解しておくべきでしょう。

 

さて、FPバランスファンドの
繰上げ償還は、

どのように知らされたのか?

当時販売会社のひとつだった、
沖縄銀行のサイトに

詳しい情報が載っていました。

サイトを見ると、
繰上げ償還までの【詳細なスケジュール】が
記されています・・。

委託会社の三菱UFJ国際投信株式会社より、
2016年4月14日(木)に
繰上償還を予定している旨の連絡がございました。

 

これに伴い当行では、
2016年2月19日(金)をもちまして、

同ファンドの販売の取扱を停止いたしましたので
ご案内いたします。

 

【ご参考】繰上償還(予定)に関するスケジュール

3月8日(火)    お客さまへ繰上償還に関するご案内を発送

3月8日(火)~3月23日(水)  異議申し立て期間

3月24日(木)   繰上償還可否決定日

4月14日(木)   繰上償還日

4月15日(金)   償還金の支払い

つまり、
繰上げ償還の発表があっても、

実際の償還日までには
通常、1ヵ月半から2ヶ月程度の
「時間」があるわけで・・。

その間、任意に投資信託を解約することは
もちろん可能なのです。

 

(残念ですが、)
繰上げ償還が決まったら、

出来るだけ早く
ファンドは売ってしまったほうがよいでしょう。

★ 仮に、
投資信託が繰上げ償還されても、

【ファンド保有者の資産が、
ゼロになってしまうわけではない】ので、
そこはご安心ください。


カテゴリ:投資信託あれこれ

おすすめの記事